日記一覧 | 半田市周辺の不動産をお探しなら株式会社花園不動産にお任せ下さい。

株式会社花園不動産

営業時間9:00~20:00定休日年末年始・GW・盆のみ休業

日記

DIARY

半田市でマンションの売却をお考えの方がいらっしゃると思います。
マンションを売却する理由は人それぞれですよね。
しかし、どなたもスムーズに売却したいとお考えでしょう。
そこで今回は、マンションをスムーズに売却するためのコツや売却の流れをご紹介します。

 

□初めに売却の流れをご紹介!

マンションの売却は、いくつかの段階を踏んで行われます。
そこでまずは、どのような流れでマンション売却が行われるかをご紹介します。

・不動産会社の査定を受ける
・媒介契約を結ぶ
・マンションを売り出す
・購入希望者が内覧に来る
・売買契約を結ぶ
・決済、引き渡し
・確定申告をする

マンションの売却は、このような流れで進められます。
初めに、不動産会社に査定を依頼します。
不動産会社がマンションを直接買い取るわけではなく、売買契約を結ぶための手助けをする「仲介」を行います。
そのため、不動産会社による査定額は、「不動産自体の価値」と「これくらいの値段で買う人を探せる」という額です。

マンションを売却する方法には、「買取」があります。
買取は、不動産会社が直接購入するので、現金化までが早いのが特徴です。

 

□比較的早く売るためのコツを紹介

新居への引っ越しや転勤の予定などで、早めに売りたい方もいらっしゃるでしょう。
そこでここからは、マンションを早く売るためのコツをご紹介します。

 

*一番早く売れるのは買取

上記でも少しご紹介しましたが、早く売却するのであれば買取を依頼するのが良いでしょう。
買取であれば、1ヶ月から3ヶ月で売却できる可能性が高いです。
しかし、相場よりも低い買取価格になってしまうといった特徴もあるので、ご自身の状況に合わせて買取を選択するのか、仲介売却を選択するのか検討してみてください。

 

*良い不動産会社と担当者を見つけることが重要

マンションを売るために重要なのは、売却活動で買い手を集めることと、買い手に物件の良さを知ってもらうこと、買い手との交渉です。
これらは、不動産会社が行います。
そのため、不動産会社の力量によってマンションの売却がスムーズに進むかどうかが決まります。
不動産会社の見分け方としては、査定額にしっかりとした根拠があるかどうか、実績、広告で盛りすぎていないことなどがあります。

 

□まとめ

今回は、マンションをスムーズに売却するためのコツや売却の流れをご紹介しました。
マンションをスムーズに売るコツは、良い不動産会社、良い担当者を見つけることです。
不動産会社の力量次第で大きく変わります。
当社では、不動産の売買を承っておりますので、ご検討中の方はぜひご相談ください。

投稿日:2021/09/17   投稿者:-

家の売却をお考えの方がいらっしゃるでしょう。
そのような方の中には、
「家を売る際の片付けはどのように行えば良いか分からない」
「片付けの際に知っておくべきことを知りたい」
このようにお考えの方がいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、家を売る際の片付けのポイントをご紹介します。

 

□家を売る際には荷物をない状態にしておくことが基本!

家を売る際には、家の中の家具や家電を出して全て空っぽにしておくのが基本です。
基本的に、家具や家電は売却の対象にはなりませんが、買主からの希望があった場合だけは別です。
そうでない場合には、捨てるもしくは売るなどして、処分するのをおすすめします。
遅くても家を引き渡すまでには、家具や家電の撤去を済ませておく必要があります。

 

□家を売る際の片付けで知っておくべきこととは?

上記では、家を売る際に荷物は全て撤去しておくことが基本であるということをご説明しました。
ここからは、片付けを行う際に知っておいた方が良いことをご紹介します。

 

*家の片付けには想像以上に時間がかかる

家は、長年暮らしていた場所であるため、その分の家具や家電、生活用品、思い出のある品などが想像以上にたくさん溜まっています。
実際に片付けを行った方は、3ヶ月以上かかる人が半数以上です。

時間がかかってしまう具体的な理由としては、「どこに何があるか分からない」「思い出の品がたくさんあり感慨に浸ってしまう」「品の持ち主である本人がおらず捨てて良いか分からない」などの理由があるようです。

このように、家全体を片付けるためには想像以上に時間がかかってしまうのである程度余裕を持って片付けを行うことをおすすめします。

 

*予想外のトラブルが発生してしまう

家の片付けをしていると、予期せぬトラブルが起こってしまうことがあります。
家族の中で、1人だけに負担が集中してしまうことや予期せぬモノが見つかるなど理由は様々です。

このような事態にならないためにも、事前にルールを決めておいたり、家族全員がしっかりとコミュニケーションをとったりして、できる限りトラブルを回避しましょう。

 

□まとめ

今回は、家を売る際の片付けのポイントをご紹介しました。
家を売る際には、一般的に荷物がない状態にしておきます。
家を売る際の片付けで知っておくべきこととしては、思っている以上に時間がかかることや思いがけないトラブルが起こることなどが挙げられました。
それらをあらかじめ頭に入れておくことをおすすめします。

投稿日:2021/09/13   投稿者:-

半田市で家を売りたいと考えておられる方がいらっしゃると思います。
「家を売るときにかかる税金には何があるか知りたい」
「税金を控除できる制度を知りたい」
このようにお考えの方がいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、家を売る時にかかる税金や適用できる特別控除についてご紹介します。

 

□家を売るときにかかる税金について紹介

新し移住宅に住み替える際に、実家を売却するというケースが増えています。
実際の売却活動は、不動産会社に依頼して、相談しながら進めます。
しかし、最も気になるのは売却で得たお金にどのような税金がかかるのか、いくらかかるのかということでしょう。

苦労して売却したけど実際に入ってきたお金は、想像していた収入よりも低かったということにならないように、あらかじめ不動産売却に関する税額や税制を知っておくのが良いでしょう。
家などの不動産を売却すると、譲渡所得となり、所得税や復興特別所得税、住民税がかかる可能性があります。
確定申告の際に、所得税とあわせて基準所得税額に2.1パーセントの税率をかけて計算した復興特別所得税を申告して納付することになります。

 

□それらの税金に適用できる特別控除を紹介

上記では、家を売る際にかかる税金について紹介しました。
ここからは、確定申告をすることで適用できる特別控除をご紹介します。

 

*3000万円の特別控除の特例

自分の住んでいる家を売った際など、一定の条件を満たしている場合に譲渡所得税から3,000万円の控除が受けられる制度があります。
こちらは、売却を行い利益が出た際にその利益に対して、3,000万円までは課税対象から除外できるという制度です。

 

*軽減税率の特例

課税譲渡所得が3,000万円を超えてしまった場合でも、その物件を売却した年の1月1日現在で、10年以上所有していれば3,000万円の特別控除を適用した後の金額に対して税率が軽減されます。

 

*買い換えの特例

住んでいる家を買い換えもしくは、交換した場合は、譲渡価格が1.5億円以下で、売った年の1月1日現在で所有期間が10年を超えているなどの条件を満たしている場合、売却価格から購入価格を差し引いた金額に課税される特例が受けられます。

 

□まとめ

今回は、家を売る時にかかる税金や適用できる特別控除についてご紹介しました。
家を売って、利益が出た場合には所得税や復興特別所得税、住民税がかかります。
それらに対して、確定申告を行うことで適用できる様々な特別控除があるので有効的に使用することをおすすめします。

 

投稿日:2021/09/09   投稿者:-

半田市で不動産売却をお考えの方に向けて、今回は売却時の委任状とは何かについて詳しく解説します。
委任状や代理人についての基礎知識について、深く学んでいきましょう。
また、売買契約を代理人に委任するタイミングについても解説します。
不動産売却を検討中で気になる方はぜひ参考にしてください。

 

□委任状や代理人とは?!

委任状とは、当事者による意思によって委託されたことを証明する書類のことです。
仕事の依頼をする場合も、法律行為であれば委任に該当します。
そのため、例えば契約だけではなく、役所で行う手続きなどを第三者に委託するときのことも委任に当たります。

また代理人とは、委任状によって法律行為を委託された人を指します。

法律行為とされているため、代理人の行動は当事者と同等に扱われます。
そして、当事者が認める範囲内であれば、意思の確認なしでも代理人の意思を行使できるという特徴があります。

 

□不動産売却を代理人に依頼するタイミングの例をご紹介します!

前の章では、不動産売却における任意状と代理人について解説しました。
続いて、不動産売却を代理人に依頼するタイミングの例を4つ紹介します。

1つ目は、取引を行う不動産が遠方の場合です。

不動産の契約の際、実際に立ち会って取引を行うことが困難な場合があります。
その時に代理人に委任し、売却の手続きを行うこと場合があります。

2つ目は、時間を作れない場合です。

不動産売却を行うためには、手続きなどをするために時間が必要です。
仕事や様々な事情でどうしても時間がない方は、代理人に依頼するというケースがあるようです。

3つ目は、契約の手続きに自信がない場合です。

この例は実際には少ないですが、契約の手続きに自信がない方は、不動産売却に詳しい専門家や親族などに委任するケースもあるようです。

4つ目は、共有持分となっている不動産売却の場合です。

遺産相続などで不動産に複数の所有者がいる場合、立ち合いのために予定調整が必要となるため、全員が揃うことが難しいケースがあります。
そのようなケースでは、相続人の代表者を代理人にすることで立ち会いをなくすことができます。

 

□まとめ

今回は不動産売却をお考えの方に向けて、委任状について詳しく解説しました。
委任や代理人についての知識が深められたのではないでしょうか。
また、実際に代理人に委任する例についてもぜひ参考にしてください。
半田市で不動産売却をお考えの方はぜひ1度当社へご相談いただけると幸いです。

投稿日:2021/09/06   投稿者:-

「不動産売却を行うまでの全体の流れが詳しく知りたい」
不動産売却をお考えの方で、このようなお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。
今回は、不動産売却の流れをステップごとにそれぞれ解説します。
半田市で不動産売却を検討中の方はぜひ参考にしてください。

 

□不動産売却を始めるための前半ステップを解説します!

自分が持っている物件を売却して、次の新しい物件に引っ越しをしようと考えるにあたり、不動産売却の全体像を知ることは非常に重要です。
不動産売却には、全体で4ヶ月ほどの期間が必要であり、6つの段階を順番にこなしていく必要があります。
この章では、初めの3ステップを解説します。

1番目に、不動産会社に売却の相談をしましょう。

まずは、不動産売却の概要についてインターネットを使うなどして、情報収集を行います。
そして必要な書類を準備した上で、不動産会社などに売却の価格査定を受けましょう。
査定によって、売却する物件のおおよその相場価格を把握しましょう。

2番目に、媒介契約を結びましょう。
この契約の内容としては、売却活動の方針などが定められます。

3番目に、不動産売却のための活動を始めましょう。
相場や査定額・不動産売却を参考に価格を決定し、問い合わせがあれば、買主へ案内を行いましょう。

ここまでが、不動産売却を始めるための前半の流れです。

 

□不動産売却のステップをそれぞれ解説します!

前の章では、不動産売却にかかる全体の期間や、初めの3ステップについて解説しました。
続いて、不動産売却の流れの後半のステップを順番に解説します。

4番目に、媒介契約の締結です。
不動産売却を開始し、購入希望者が現れたら、購入の申し込みを受け取り、売買契約を結びましょう。
その際には、希望者の資金計画に基づいて希望購入価格や、契約と引き渡し日、ローンの利用予定などが提示されます。
それらの提示内容に合意できた場合は契約を締結しましょう。

5番目に、売買契約後の手続きを行いましょう。
契約後は、既存ローンの完済手続きを行い、物件の引き渡しまでに抵当権を抹消する手続きが必要です。
残代金を受け取る日までに公共料金の清算や引っ越しを行い、買主の方にしっかりと引き渡せる状態を作りましょう。

最後に、残代金の決算と引き渡しです。
契約時に決めた時の内容で、物件を購入者に引き渡しましょう。
ここまでの流れを全て終えると、不動産売却の手続きが完了します。

不動産売却は、このような6つのステップを経て完了します。
今後売却を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

 

□まとめ

今回は半田市で不動産売却をお考えの方に向けて、不動産売却の全体の流れについて詳しく解説しました。
売却の手順ごとにすべきことの理解が深められたのではないでしょうか。
その他ご不明点などがあれば、ぜひ1度当社へご相談ください。

投稿日:2021/09/02   投稿者:-