日記一覧 | 半田市周辺の不動産をお探しなら株式会社花園不動産にお任せ下さい。

株式会社花園不動産

営業時間9:00~20:00定休日年末年始・GW・盆のみ休業

日記

DIARY

結婚後にマイホームを購入する場合、共有名義で購入する方は少なくありません。

しかし、離婚することになった場合はその共有財産を分与する必要があり、その分配の際にトラブルに発展しやすい傾向があります。
そこで今回は、離婚時に共有名義のままだとどうなるのかと、共有名義の解消方法をご紹介します。

 

□離婚時に共有名義のままにしておくとどうなるのか?

離婚時に共有名義のままにしておくとどのような影響があるのでしょうか。

1つ目は、相手の同意がなければ売却できないことです。
不動産を売却するには、名義人全員の同意が必要です。
そのため、離婚してから家を売却する際に相手と連絡がつかなくなると、同意が得られず、家は売却できなくなります。

2つ目は、相続が面倒になることです。
共有名義の状態で夫婦のどちらかが亡くなった場合、一般的には亡くなった方の遺族に共有持分が相続されます。
万が一、離婚した相手に再婚相手がいると、名義人が増え、より複雑化するため、手続きが大変に感じるでしょう。

3つ目は、税金関連でトラブルに発展する場合があることです。
不動産は、所有しているだけで固定資産税や都市計画税がかかるので、どちらが支払うのかでトラブルになる場合があります。

 

□共有名義の解消方法とは?

*単独名義にする

夫婦のどちらかが家に住み続ける場合は、その人の単独名義にするための登記手続きを行う方法があります。

ただし、住宅ローンが残っている場合、手続き前に、名義から外れる方が自分の借り入れ分を完済しなくてはなりません。

登記手続きの方法は以下の通りです。

・持分を相手側から買い取る
・持分を財産分与としてもらう

 

*売却する

家が必要なければ、売却することもできます。

住宅ローンの残債が売却代金より高い場合は、売却後に残債を夫婦で一括返済します。
夫婦で債務を負担する割合が決まっている場合は、その割合通りに負担しなければ贈与税がかかる可能性があるので、注意しましょう。
万が一資金が足りない場合は、任意売却を検討しましょう。

住宅ローンの残債より売却代金が高い場合や、すでに住宅ローンを完済している場合は、持分に応じて売却益を夫婦で分配します。

 

□まとめ

今回は、離婚時の共有名義についてと共有名義の解消方法をご紹介しました。
共有名義のままにしておくと離婚後にいろいろ面倒になることを理解しておきましょう。
半田市周辺で不動産売却をお考えの方は、当社にお任せください。

投稿日:2023/01/31投稿者:-

司法書士がどのような業務を行なっているかご存知ですか。
司法書士に依頼することで、相続の手間を省けます。
今回は、司法書士に依頼できる手続きと、その費用についてご紹介します。

 

□司法書士の役割とは?どのような手続きを依頼できるのかご紹介します!

司法書士に依頼できる手続きを5つご紹介します。

1つ目は、相続人調査です。
相続人調査の内容は、相続が発生した際の相続人が誰になるかを調査することです。
被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本をすべて取得し、家族関係を調査する必要があり、自力で行うのは大変です。
司法書士に依頼することで、手間を省けます。

2つ目は、相続方法の決定と相続財産の調査です。
相続方法には、「単純承認」「限定承認」「相続放棄」の3種類があります。
相続財産が複数の金融機関にある場合、その調査に時間と手間がかかるため、司法書士への調査依頼をおすすめします。
また、相続放棄に必要な相続放棄申述書の作成、遺産分割協議書の作成、不動産登記なども、司法書士に依頼できます。

3つ目は、不動産の相続登記に関する手続きです。
被相続人が土地や建物を所持していた場合、相続登記を行います。
なお、2024年4月1日からは、相続登記が義務化されるので注意しましょう。
司法書士は登記の専門家なので、たとえ弁護士が関わっていても、登記は司法書士に依頼する、ということが多いです。

4つ目は、遺言に関する手続きです。
遺言書には様々な種類があり、書き方を間違えると、無効になる可能性があります。
司法書士には、遺言書作成、遺言書の検認申立書類作成など、遺言に関する業務を依頼できます。

5つ目は、生前対策です。
生前対策についても相談できます。
例えば、家族信託の契約書の作成や不動産登記などの手続きは司法書士に依頼できます。
また、任意後見契約や成年後見の申立てなどの依頼も可能です。

 

□相続した家の手続きを依頼した際にかかる費用の相場は?

司法書士にかかる費用は、不動産の数や評価額によって異なりますが、一般的な不動産であれば、およそ5万から8万円です。
ただし、これの金額は「相続登記申請」の場合で、「戸籍収集代行」や「遺産分割協議書作成」など、相続登記以外の手続きも依頼した場合は、およそ7万から15万円になります。
また、複数の不動産を所有していたり、相続人が10人以上いたりする際は費用が数十万円かかる場合もあります。

 

□まとめ

今回は、司法書士が行える手続きとその費用についてご紹介しました。
司法書士は不動産に関するプロフェッショナルです。
手続きに不安がある方は司法書士を検討するのをおすすめします。

半田市周辺の方で、不動産の売却をお考えの方は、ぜひ一度当社にご相談ください。

投稿日:2023/01/27投稿者:-

家の相続は現金のように分割できないものなので、相続の仕方が難しいですよね。
相続手続きをどのように行うか、わからない方も多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、相続手続きの流れについてご紹介します。

 

□相続手続きの種類をご紹介!

ここでは、相続手続きに必要な相続登記の種類を3つご紹介します。

1つ目は、遺産分割を行う方法です。
不動産の相続手続きにおいてもっとも一般的な方法が、この遺産分割協議による相続登記です。
相続人全員での話し合いで相続人、相続割合などを決め、不動産の相続手続きを行います。

2つ目は、遺言を残す方法です。
被相続人が遺言書を残していた場合、遺言による相続登記を行います。
この方法は、遺言で記載されているとおりに不動産の名義変更を行います。
ただし、「公正証書遺言」以外の遺言書の場合は、相続手続きの前に家庭裁判所での検認手続きが必要です。

3つ目は、法定相続を行う方法です。
法律で決められた相続割合に応じて、不動産の名義を相続人の共有名義に変更します。
他の種類に比べて準備する書類が少なく、手続きがシンプルです。

しかし、不動産を共有する際は後でトラブルが起こらないためにも、事前の検討が大切です。

 

□家を相続したら相続手続きの流れを確認!

相続手続きの流れを4つのステップで確認します。

1番目に、遺言書の確認をします。
まず、被相続人が遺言書を残したかどうかを確認します。
遺言書がある場合、その内容が最優先されます。

2番目に、相続人や相続財産を確認します。
法定相続人は誰なのか、被相続人の戸籍謄本をすべて取得して、調査します。
また、相続財産についても、借金や財産がどれくらいあるのかを確認します。

3番目に、遺産分割協議の確認をします。
遺言書がなかったり、内容に不備があったり、遺言書の内容とは別の分け方になったりする場合は、相続人全員で遺産分割協議を行い、相続財産を分けます。

4番目に、相続登記を行います。
相続登記をしなかった場合、次に相続が起きた際に手続きが複雑になります。
家を相続することが決まったら、想定外のトラブルに発展しないためにも速やかに相続登記を行いましょう。

 

□まとめ

今回は相続手続きの方法について細かくご紹介しました。
相続手続きの流れを事前に確認しておくことで、スムーズに手続きができます。
半田市周辺にお住まいの方で、相続に関するご不明点があれば、ぜひ一度当社にお問い合わせください。

投稿日:2023/01/23投稿者:-

離婚したら、家を売却しようとお考えの方も多いのではないでしょうか。
その際、どのような売却方法があるかご存知ですか。
今回は、離婚時の家の売却方法と、注意点をご紹介します。

 

□家の売却方法にはどのような種類がある?

*できるだけ高く売れる「仲介」

仲介は、もっとも一般的な売却方法です。
これは、不動産会社に買い手を見つけてもらう方法です。
比較的高く不動産を売却できるという特徴があります。
住宅ローンが残った状態で売却し、その売却金額で返済したい場合は、仲介がおすすめです。

一方、仲介はなかなか買い手が見つからないこともあります。
場合によっては半年以上かかることもあるので注意が必要です。

 

*すぐに現金化できる「買取」

今すぐ現金が必要な方には「買取」がおすすめです。
これは、不動産会社に不動産を直接買い取ってもらう方法です。
不動産会社と価格交渉が完了すれば、早くて1週間ほどで現金化できます。

一方で、仲介に比べると売却価格が低い傾向にあります。
ローンがほとんど残っておらず、早く現金が欲しい方は、買取を検討してみましょう。

 

□離婚で家を売る時の注意点とは?

離婚で家を売る時は、トラブルを未然に防ぐための注意点が2つあります。

1つ目は、離婚後に財産分与をすることです。
離婚で家を売る時、財産分与は離婚後に行うようにしてください。
財産分与とは、夫婦の財産を公平に分割することです。
財産分与のタイミングを間違えてしまうと、贈与税がかかり、課税対象になるため、損することがあります。
家の名義が夫だった場合は、売却代金を受け取った妻に贈与税が発生するので注意が必要です。

一方で、離婚後に財産を分配すれば財産分与に当たるため控除が受けられるようになり、税金が発生しなくなります。

2つ目は、住宅ローンは完済が必要なことです。

基本的に、住宅ローンの返済が見込めない不動産売却は許可されません。
住宅ローンがある場合は、売却価格や自己資金を使って完済する必要があります。
万が一、ローンの返済が難しいとみなされた場合は、家の売却ができないこともあります。
住宅ローンの支払いが残っている不動産を売却する際は、ローンを完済できるか事前に確認しましょう。

しかし、住宅ローンを返済できない方でも家を売却したいという場合の手段として「任意売却」という方法があります。

 

□まとめ

離婚して家を売却する時は、「仲介」と「買取」がありますが、前もって住宅ローンの支払いがあるかどうかを確認してから売却しましょう。
半田市周辺で、家の売却をお考えの方は当社にお任せください。

投稿日:2023/01/19投稿者:-

離婚が決まった時は、持ち家をどうするかについても考える必要があります。
持ち家を売却するにしても、夫婦のどちらかが住み続けるにしても、気をつけるポイントがいくつかあります。
そこで今回は、離婚時の持ち家の処理方法と確認すべきポイントを解説します。

 

□離婚したら持ち家はどうするべき?

持ち家の処理方法を2つご紹介します。

1つ目は、売却して夫婦で財産分与をすることです。
夫婦のどちらも持ち家に住まない場合や持ち家より現金が必要な場合は、売却をして財産分与をする方法があります。
財産分与する時は、夫婦間で分割割合を決める必要があります。

2つ目は、夫婦のどちらかが住み続ける方法です。
子どもがいる場合、環境の変化による負担をかけたくないことから持ち家に住み続けることが多い傾向にあります。

しかし、1人で住宅ローンの残債の支払いをすることが難しく、住み続けられない場合もあります。
その時は、売却を検討することをおすすめします。

なお、住宅ローンが残っている時は、財産分与だけでなく、どちらがローンを返済していくかを決める必要があります。
また、住宅ローンの残債がある状態で持ち家の売却、財産分与をおこなう場合は、分与できる財産が減るので注意しましょう。

 

□財産分与をする前に確認するべきポイントとは?

離婚する時に持ち家をどうするか決める前に、確認すべきポイントを2つ紹介します。

1つ目に、共有名義かどうかです。
持ち家の売却には名義人全員の合意が必要なので、離婚後も共有名義のままにしておくと売却しにくくなります。
そのため、離婚する前に単独名義にするのが良いでしょう。

2つ目に、抵当権が残っているかどうかです。
住宅ローンの残債がある場合、持ち家には抵当権が設定されています。
抵当権とは、金融機関から住宅ローンを借りる時に、金融機関が不動産を担保にできる権利のことです。
万が一、ローン返済が滞った場合は、担保にした不動産を強制的に差し押さえられます。
そのため、住宅ローンの債務者と持ち家の名義人が異なる場合、家を出た相手が住宅ローンを支払わないと持ち家が差し押さえられることになります。
離婚するときは家を売却し、抵当権を取り消すことをおすすめします。

 

□まとめ

今回は、離婚時の持ち家の処理方法と確認すべきポイントを解説しました。
離婚後の持ち家は、売却する方法とどちらか一方が住み続ける方法があります。
どちらか一方が住み続ける場合は、ローン返済をどうするのか、離婚前によく話し合いましょう。
半田市周辺にお住まいの方で、離婚後の持ち家に関して気になる点がありましたら、当社にご連絡ください。

投稿日:2023/01/15投稿者:-