日記一覧 | 半田市周辺の不動産をお探しなら株式会社花園不動産にお任せ下さい。

株式会社花園不動産

営業時間9:00~20:00定休日年末年始・GW・盆のみ休業

日記

DIARY

「不動産売却で売買契約書を作成する意味はなんなのか」
「売買契約に関する注意点について知りたい」
半田市周辺でこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
売却するうえで売買契約について理解を深めておくことは重要です。
そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。

 

□売買契約書を作成する意味について

皆さんは、売買契約書を作成する意味についてご存じでしょうか。
あまりイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。
意味を理解していないと、作成するモチベーションも上がりませんよね。
ぜひチェックしてみてください。

不動産の売買契約というのは、とても高額な取引になりますよね。
そのうえ、手続きや手順、取り決めが多くあります。
これらを把握することは大変です。

そのため、取引内容であったり契約条件であったりを明文化することで、買主も売主も双方が不利益を被ることなく契約を完結できます。

売買契約書の作成にはこのような目的があるといえます。

売買契約書の作成が面倒くさいなと感じる方もいらっしゃるかもしれません。
なぜこのような作業をしなくてはならないのかと疑問に思うこともあるでしょう。

そのようなときに、作成には上記のような目的があるということを思い出してみてください。
お互いが納得感を持ってトラブルなく取引をするうえで、とても重要なものなのです。

以上が、作成する意味についてでした。

 

□売買契約書の注意点について

ここまで、作成することの意味について解説しました。
理解が深まったのではないでしょうか。
そこで続いては、売買契約書の注意点について解説します。
ぜひこちらも併せてチェックしてみてくださいね。

ここでは特に気を付けておきたいローン特約の注意点を解説します。
ローン特約の注意点は、買主の経済状況や立場から考えて、ローン利用に無理はないかをしっかりと確認することです。

この確認を怠ってしまうと、あとから思わぬ後悔や失敗を引き起こしてしまう可能性があります。

売買契約の締結を行う期間は、不動産の購入申し込みから1週間後というのが一般的ですが、これは特に法的な規制はありません。
そのため、焦って売買契約を結ぶのではなく、しっかりと確認するべきことを確認してから、契約を結びましょう。

以上が、注意点についてでした。

 

□まとめ

今回は、半田市周辺で不動産売却をお考えの方に向けて、売買契約に関する情報をお届けしました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、スムーズな売買契約を行ってくださいね。
ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。

投稿日:2021/12/07   投稿者:-

「売れない家の特徴について知りたい」
「内覧はあるのに成約に繋がらないなど、売れない時の解決策について知りたい」

半田市周辺でこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
せっかく売却するのであればなるべくスムーズに売れるようにしたいですよね。
そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。

 

□売れない家の特徴について

皆さんは、どのような家が売れないのかについてご存じでしょうか。
あまりイメージが湧かない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
家をスムーズに売るためには、売れない家の特徴について把握し、ご自身の物件がそれに当てはまっていないかチェックすることが大切ですので、ぜひ覚えておきましょう。

1つ目は、見栄えがいまいちであることです。
古そうであったり汚れていたりすると印象が悪いです。
所有している側は気にならなくても初めて物件を目にした買い手側にはマイナスの印象になってしまうことも少なくありません。

2つ目は、思い入れやこだわりが強すぎる家です。
具体的には、変わった間取りや変わった設備を取り入れている家は売れにくい傾向にあります。
買い手のニーズにうまくはまらず売れ残ってしまうのです。
ご自身の物件が当てはまらないかどうかチェックしてみてください。

以上が、売れない家の特徴についてでした。

 

□内覧はあるが成約に繋がらない場合の解決策について

ここまで、売れない家の特徴について解説しました。
理解が深まったのではないでしょうか。
そこで続いては、内覧はあるのにも関わらず売れない場合の解決策について解説します。

1つ目は、整理整頓や家の掃除を徹底することです。
家の掃除が行き届いていないと、売主にはあまり気にならないことでも買主からするとマイナスポイントとなってしまいます。

内覧者は様々な物件を見てどれを購入するか決めることが多いため、迷った場合にはより清潔感がある方を自然と選ぶのではないでしょうか。

2つ目は、リフォームを検討することです。
内覧すらない状態でのリフォームはリスクが高いですが、内覧者がいる場合にはリフォームの検討も選択肢のひとつです。
設備の不良などがあるのであれば、直しておくことで、住みやすい家であると思ってもらえます。

3つ目は、内覧時の対応方法の見直しです。
物件のアピールポイントをしっかりと伝えられているか、丁寧なおもてなしができているか、改めて振り返ってみましょう。

以上が、解決策についてでした。
せっかく内覧にまでたどり着いたのに売れないというのは非常にもったいないですよね。
ぜひ実践してみてくださいね。

 

□まとめ

今回は、半田市周辺で不動産売却をお考えの方に向けて、売れない家の特徴について、また、内覧はあるが売れない場合の解決策について解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、家をスムーズに売却しましょう。
ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。

投稿日:2021/12/03   投稿者:-

ぜんざい、作ってみました。

小豆から作ってみたんですが、塩加減を失敗。

投稿日:2021/11/29   投稿者:-

「不動産売却の際電気はいつ止めるのがよいのか」
「電気代を節約する方法について知りたい」
半田市周辺でこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
止めるタイミングについては誰しも気になるでしょう。

そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

□電気などのライフラインを止めるタイミングについて

皆さんは、電気などのライフラインをいつ止めるべきであるとお考えでしょうか。
あまりイメージが湧かない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
また、間違ったタイミングで止めてしまうと大きな後悔に繋がりますよね。
ぜひこの機会に正しく把握しておきましょう。

ライフラインは、引き渡しまでに止めてもらいましょう。
引き渡しまでの維持費は売主負担となります。
そのため、名義を変更するまでは売主が支払うというのが一般的です。

住んでいないにもかかわらず基本料金を払い続けることに抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。
しかし、内覧時に照明やエアコンが使用できない物件というのは、印象が良くありませんよね。
そのため、買い手がつきにくくなってしまいます。
物件の引き渡し日が決まるまでは、必要な経費であると割り切って支払いましょう。

以上が、止めるタイミングについてでした。

 

□売却する物件の電気代を抑える方法について

ここまで、電気を止めるタイミングについて解説しました。
理解が深まったのではないでしょうか。

しかし、売却する物件の電気を止めるまでは当然電気代が発生しますよね。
この電気代をできるだけ抑えたいという方も多いでしょう。
そこで続いては節約方法を解説します。

それは、家のアンペア数を下げることです。
ガスなのかIHなのかにもよりますが、一般的には2LDKから3LDKの家の場合は40Aから50Aであり、さらに大きな戸建ての場合は60Aの家もあります。

しかし、最低限の照明や空調、換気は20A程度で作動するため、20Aに下げることで基本料金を節約できます。

もちろんすべての方がアンペアを下げられるかというとそうではありません。
年間契約をしている場合などはアンペアの変更が不可能である可能性もあるため、まずは確認してみましょう。

可能であれば、アンペア数を下げることで節約を目指しましょう。

以上が、節約方法についてでした。

 

□まとめ

今回は、半田市周辺で不動産売却をお考えの方に向けて、電気はいつ止めるべきなのかについて、また、電気代の節約方法について解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、スムーズで無駄のない売却を目指してくださいね。
ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。

投稿日:2021/11/29   投稿者:-

「不動産の繁忙期と閑散期はいつなのだろうか」
「繁忙期に売る際の注意点について知りたい」

半田市周辺でこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
不動産を売却する際には繁忙期と閑散期について知っておくことが重要です。
そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

□繁忙期と閑散期について

みなさんは、不動産の繁忙期と閑散期についてご存じでしょうか。
なんとなくしかイメージが湧かないという方もいらっしゃるでしょう。
そこでまずは、繁忙期と閑散期について解説します。

1月から3月は、引っ越しのシーズン真っ只中です。
一年の中でも最も忙しい時期といえるでしょう。

4月から6月は、少し落ち着く頃です。
しかし、繁忙期を避けてお部屋探しをする人や繁忙期にお部屋が見つからなかった人も一定数はいるため、閑散期とはいえません。

7月から8月は、閑散期であり最も落ち着いています。

9月から10月は、転勤などによる部屋探しの件数が増加します。
第二の繁忙期とも呼ばれます。

11月から12月は、部屋探しをする人が減り閑散期となります。

以上が、繁忙期と閑散期についてでした。

 

□繁忙期に売却する際の注意点について

ここまで、繁忙期と閑散期について解説しました。
理解が深まったのではないでしょうか。
また、繁忙期に売却したいとお考えになった方も多いでしょう。
しかし、繁忙期に売る際には注意点があります。
ぜひ併せてチェックしておきましょう。

注意点は、ライバルが多いということです。
実際に、繁忙期の方がほかの時期よりも高く早く売れるという事例は多いです。
相場より高価格であっても売れることもあります。
しかし、ライバルの出現がデメリットとして挙げられます。

買いたい人がたくさんいる分、繁忙期を狙って多くの売り手が不動産売却を行ったり不動産会社が物件を出したりします。

ほかの時期に出していれば人気になっていた不動産であっても、繁忙期に出してしまったがために人気が出なかったという事態になる可能性もゼロではありません。
このような注意点があるということを把握したうえで、売却を行いましょう。

以上が、注意点についてでした。

 

□まとめ

今回は、半田市周辺にお住いの方に向けて、不動産の繁忙期と閑散期について、また、繁忙期に売却する際の注意点について解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。

今回の情報を活用し、不動産売却をしてみてくださいね。
ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。

投稿日:2021/11/25   投稿者:-