日記一覧 | 半田市周辺の不動産をお探しなら株式会社花園不動産にお任せ下さい。

株式会社花園不動産

営業時間9:00~20:00定休日年末年始・GW・盆のみ休業

日記

DIARY

「不動産を売却したいけど相場ってどれくらいなの?」
このような疑問を持っている方に向けてこの記事では不動産を売却する際の値段の相場について細かく説明していきます。
半田市で不動産売却を検討している方はぜひ参考にしてください。

□平均価格について

*平均価格とは

平均価格とはそのエリアの平均的な価格のことを表しています。
例えば、1億円の不動産もあれば2000万円の不動産もあり、さまざまな条件なども組み込まれています。
そのため、平均価格を参考にしても自分の売りたい不動産に近い価格に当てはまることは少ないので平均価格を過信しすぎるのはやめましょう。

売りたい不動産の地域が都市開発などを進めると値段は高騰しますし、逆のパターンも考えられます。
また、マンション内にジムがついているなど不動産の価格は、さまざまな要素を加味され決まるので一概に価格は何円か決まっていません。
つまり平均価格はあまり意味を成さず、売りたい不動産に近い相場を知ることが重要と言えます。

*適切な相場の探し方

簡単に言うと適切な相場を探すには、自分の売りたい不動産に似ている築年数とエリアの不動産を参考にするべきです。
なぜなら、築年数とエリアは不動産価格を決めるうえで最も重要視されるポイントだからです。
特に、エリアに関しては正確に調べる必要があります。
駅から徒歩何分などという条件によっても値段は大きく変わってくるので適切な相場を知りたければエリアは正確に絞り込みましょう。

□時間に余裕がある場合の価格設定について

売却したいタイミングの希望がなく、時間に余裕がある方に向けての売り出し価格について紹介していきます。
売却したい期間を設けておらず時間に余裕がある方は、自身が売りたい希望の価格で不動産を市場に出し、買い手を待てます。
つまり、築年数とエリアを絞って計算された売却査定額よりも高い値段で設定できるということです。

しかし、売却査定額はプロの不動産仲介会社が分析をして出されたものなので売却査定額と売り出し価格がかけ離れている場合は成約できる確率が低くなってしまうでしょう。
例えば、売却査定額が3000万円に対して売り出し価格を6000万円に設定してしまうと、なかなか売れないかもしれまん。
そのため、時間に余裕がある方は、さまざまな情報をもとに時間をかけて取引を行うことをおすすめします。

□まとめ

今回は、不動産を売却する際の価格の相場についてご紹介しました。
価格設定にはさまざまな要因が絡んでいるので注意してください。
不動産の価格設定に関してお悩みの方は、ぜひ一度当社にお問い合わせください。

投稿日:2021/01/17   投稿者:-

この記事では半田市で不動産売却をご検討中の方に向けてレインズ登録をする3つのメリットや注意しなければならない事項を紹介します。
半田市で不動産売却を検討している方はぜひご参考ください。

□レインズ登録する3つのメリット

まずはレインズ登録とはなんなのかを説明します。
レインズ登録とは、売り物件の情報がまとめられたシステムで売られている物件から成約した物件の情報を細かく把握できますが、レインズを利用したければ不動産会社に依頼する必要があるでしょう。
また、一般媒介契約を除く残り2つの媒介契約はレインズに登録が登録しなければ違反になってしまいます。

*滑らかに決まる売却成約

レインズの特徴は不動産会社しかレインズを利用できないので不動産会社は目をギラギラさせて良い物件を狙っているので購買意欲は非常に高いです。
不動産会社は常に良い物件を探しているのでレインズの登録しておけば良い物件は早くに成約できる可能性が高いでしょう。
つまり早期成約を望む方にとってレインズはとても便利なネットワークシステムです。

*買主にも便利

レインズに登録すれば日本全国の物件を見ることができるので引越しや転勤などをする際にものすごく便利です。
買主はレインズで様々な物件を見られるので専任媒介契約のように複数の不動産会社に売り手を探してもらう手間が省けることもレインズを登録すべき理由の1つです。

*囲い込みの防止

レインズでは売却したい物件の情報を確認できるので取引状況や物件の情報がきちんと記載されているかなど厳しくチェックできます。
また、レインズに登録すると囲い込みという売物件を自社だけで売却しようとする違反行為の防止につながります。
違反行為は、必ず避けておきましょう。

□囲い込みに注意

レインズへの登録は専属専任媒介契約と専任媒介契約は義務ですが稀に登録をしない悪質な会社も存在します。
そのような会社は囲い込みをする気満々ですし、レインズに登録をしていない時点で媒介契約違反を犯しているのですぐにでも契約を解除するべきでしょう。
囲い込みは売主からすると買主が見つかる機会や買主を選択できる幅が少なくなるのでデメリットしかありませんので皆さんも気をつけてください。
お困りの方は、当社までご相談しませんか。

□まとめ

レインズに登録するメリットを説明しましたが一般媒介契約を除く2つの媒介契約はレインズ登録が義務になっていますので、ぜひ不動産売却をする際はこのことを頭に入れておきましょう。
紹介したように実際に囲い込みを行う悪質な会社も存在するのでそんな会社はすぐに契約解除をしてください。

投稿日:2021/01/13   投稿者:-


半田市で不動産売却したいと思っている方はいませんか?
この記事では不動産売却をする際に昔みたいに弁護士って必要なのかなどを詳しく説明します。
半田市で不動産売却を検討されている方はぜひ参考にしてください。

□弁護士が不要なケース

以前は悪質な不動産会社が多く、違法な取引などもあったので弁護士に契約内容や手続き、支払いなどに不正などがないかを確認してもらう必要がありました。
現在では悪質な不動産会社などはきつく取り締まられているので弁護士の立ち会いが必要なケースはだんだんと減ってきました。
これは任意売却の際も同じことが言えます。

任意売却では弁護士の立ち会いはほとんど関係なく、不動産会社や任意売却に詳しい専門業者にのみ任意売却を行えます。
また任意売却は売却してもローンが返済できないが、ローン会社に許可をもらって売却することです。
そのため、弁護士に相談したり依頼するほどのお金に余裕がないというのも理由の1つでしょう。

□弁護士に依頼するべきケース

次は弁護士に立ち会いを依頼するべきケースを5つご紹介します。
1つ目は不動産業者の仲介がない素人同士の取引です。
不動産取引は取引額が高額な上に事前にチェックしなければならない法的な調査や項目が大量にあるので、素人同士だと調査や項目が抜けてしまっている場合もあり、後々トラブルを引き起こしかねないのでこのようなケースでは弁護士に立ち会いを依頼しましょう。
2つ目は不動産に不動産所有者以外の第3者の法的権利が設定されている場合です。
このような場合は、不動産の所有者が変わっても自然に消滅しないので不動産購入後に支障をきたす場合があるかもしれません。
弁護士に確認してもらうのが賢明でしょう。

3つ目は不動産の権利関係が明確ではない場合です。
不動産の権利関係が明確でなければ売買後にトラブルを起こす可能性があるので弁護士に相談していた方が良いでしょう。
4つ目は契約書の内容を把握できない場合です、
契約書に慣れていない方や量が多く、読むのが面倒という方もいると思いますが、不動産売買などの高額なお金が動く場合はきちんと契約書を把握しなければいけないので弁護士に立ち会いを求めた方が良いでしょう。
5つ目は不動産業者や売主に不信感を抱いた場合です。
最近では、不動産のプロまで騙されるような巧妙な事件も発生しているので、少しでも相手に不信感を感じたら弁護士に依頼しましょう。

□まとめ

この記事では弁護士の立ち会いが必要な場合と不要な場合をご説明しました。
半田市で不動産売却をお考えの方は弁護士が必要なケースに該当しないかしっかりと確認した上で安全な取引を行ってください。

投稿日:2021/01/09   投稿者:-


「土地売却を検討しているため、税金について土地売却で発生する税金について詳しく知りたい。」
このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。
税金についてしっかり学び、事前にトラブルを防ぎましょう。
今回は当社が半田市で土地売却を検討されている方に、税金対策についてご紹介します。

□土地売却にかかる税金とは

まず、土地売却を行う際に発生する税金の種類について把握しておきましょう。
土地売却の際に発生する主な税金の種類は所得税、印紙税、住民税です。
それぞれの内容について詳しく見ていきましょう。

はじめに印紙税についてです。
印紙税とは文書に対して課される税金です。
こちらの税金は利益とは関係なく発生するでしょう。
そして、売買金額が高額になるほど、課税額が上がるでしょう。
ただし、2020年3月31日までは軽減税率が適用されるため、本則税率より課税額が下がっています。

また、手続き上必要な税金として、抵当権の抹消時に発生する登録免許税についても把握しておきましょう。
こちらの節税は基本的に不可能ではありますが、大切な税金であるため、しっかりと覚えてください。

次は所得税と住民税についてです。
土地売却を行った際に発生した利益を譲渡所得と言います。
正確には譲渡所得は売却価格から購入費用と譲渡費用を差し引いたものです。
これらの税金はその譲渡所得にかかるでしょう。
譲渡所得には短期と長期の種類があり、一般的に短期の方が税率が高くなっている点に十分注意してください。

□税金を抑える方法とは

まず、所得税と住民税を抑える方法としてなるべく土地を所有する期間を延ばして売却することが挙げられます。
先程記載したように、長期の譲渡所得は短期に比べて税率が低いため投資目的等でなければ所有期間を延ばすことをおすすめします。

また、土地を売却する際にはさまざまな特例がある点も覚えておきましょう。
相続の発生から3年以内の土地売却の場合、税率が低くなるのも特例の1つです。
一般的に土地を長く所有する方が税率は下がりますが、相続税を申告する期限から3年以内に売却をする場合に限っては、税金の負担額は低くなるでしょう。

□まとめ

今回は土地売却で発生する税金についてご紹介しました。
譲渡所得には長期と短期があり、なるべく土地を所有する期間を長くして長期の譲渡所得を使った方が税金が安くなる点を理解していただけましたか。
他にも土地売却についてご不明な点がありましたら当社までお問い合わせください。

投稿日:2021/01/06   投稿者:-


「土地売却を検討しているため、建物の解体について詳しく知りたい。」
このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
土地を何もない状態で売却したいならば、解体費用が気になると思います。
今回は当社が半田市で土地売却を検討されている方に、解体費用について解説します。

□解体費用の相場とは

土地売却を検討している方にとって、解体にかかる費用は大変重要な要素になると思います。
解体費用によって、土地の売却価格が大幅に打ち消されてしまっては残念ですよね。
あらかじめ、解体費用についてしっかり把握すればそのような後悔も未然に防げるのではないでしょうか。
では、解体費用について見ていきましょう。

最初に建物自体の解体にかかる費用を解説します。
相場は坪あたり木造住宅では約4万円から5万円、鉄骨造では約6万円から7万円、鉄筋コンクリート造では7万円から8万円です。
一般的な戸建ての延床面積が30坪から35坪であるため、木造で約120万円から175万円、鉄骨造では約180万円から245万円、鉄筋コンクリート造では約210万円から280万円が目安でしょう。

こちらの解体費用は、解体のしやすい環境かどうかで上下します。
隣家と近接している場合は解体費用が高くなる可能性があるため注意しましょう。

次は残置物撤去費用です。
建物の解体を行う際に、ゴミや家具などがある場合にはこちらの費用がかかるでしょう。
こちらの相場は、残置物1トンあたり3万円程度です。
多くの解体業者は残置物の運搬に必要な免許を所持していないため、断られるケースも多いです。
残置物は基本的に事前に自分で処理しましょう。

次は樹木伐採処分費用です。
庭に植えられている木などを撤去する場合にはこちらの費用がかかります。
相場は1トンあたり2万円前後でしょう。
他にも、地下に埋蔵物が埋まっている場合も追加で費用が発生します。
その点にも十分注意しましょう。

□建物を解体する際の注意点とは

建物を解体する際の注意点の1つめは、固定資産税が高くなる点です。
建物が建っている場合の特例が適用されなくなるため、固定資産税が最大で6倍になるでしょう。
解体後は早めの売却をおすすめします。

2つめは、解体費用にローンを使用する場合は金利が高くなる点です。
土地売却における解体費用に適用できるローンは、リフォームローンです。
こちらは住宅ローンに比べて、金利がかなり高いため注意しましょう。

□まとめ

今回は解体費用について解説しました。
解体費用の相場について理解していただけましたか。
他にも土地売却についてご不明な点がありましたら当社までお問い合わせください。

投稿日:2021/01/02   投稿者:-