半田市で不動産売却を検討中の方へ!遠方にある不動産は売却できる? | 半田市周辺の不動産をお探しなら株式会社花園不動産にお任せ下さい。

株式会社花園不動産

営業時間9:00~20:00定休日年末年始・GW・盆のみ休業

半田市で不動産売却を検討中の方へ!遠方にある不動産は売却できる?

半田市で不動産売却をご検討の方の中には、遠方に住んでいてなかなか現地に向かえない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
理由としては、親から譲り受けたことなどが挙げられるでしょう。
そこで今回は、遠方に不動産をお持ちの方に向けて、遠方の不動産を売却する方法と注意点についてご紹介します。

□現地に行かず不動産を売却する方法とは

一般的に、不動産売買は買主、売主、不動産会社が立ち会って行います。
しかし、売主の方が遠方にお住まいの場合、全員が立ち会うのは困難でしょう。
そのような場合には、次の方法が考えられます。

まずは、契約者の持ち回り契約です。
これは売買契約を郵送で行う方法です。
立ち会いせずに契約することに了承を得られれば、この方法は有効でしょう。

次は、代理契約です。
現地の近くに住んでいる親戚や出向ける距離に住んでいる知人に、不動産売買契約書の著名、捺印を代理で行ってもらいます。
代理での署名は禁止と考えている方もいらっしゃると思いますが、署名代理と呼ばれる法律的に有効な方法です。
しかし、契約時のトラブルなどで被る責任の所在は依頼人になるため、依頼する人は慎重に選ぶ必要があるでしょう。

最後は、司法書士に依頼する方法です。
司法書士は、専門的に不動産登記や契約書の作成を行う職業です。
不動産登記の移動から売買手続きまで行ってくれる事務所を探しましょう。
手数料を支払う必要はありますが、現地立ち合いから不動産売買契約までの全ての手順を代理してくれますよ。

□遠方の不動産売却の注意点とは

遠方の不動産売却には、近隣の不動産売却にない注意点があります。

まず、基本的に遠方の不動産の売却には時間と手間がかかるということです。
自分が住んでいる場所とは管轄が異なる役所や法務局で手続きを行う必要があるため、現地調査に時間がかかることも多いでしょう。
そのため、遠方の不動産売却では、時間がかかることを想定して計画的な売買活動を行う必要があります。

また、現地にご自身がいないことによって、買主の方と連絡が取りにくくなるケースも考えられるでしょう。
対策として、電話番号やメールアドレスをあらかじめ聞いておくことをおすすめします。

□まとめ

遠方の不動産売却には、いくつか方法があります。
具体的には、司法書士や親戚に代理を依頼したり郵送で手続きを行ったりする方法が考えられるでしょう。
この場合、時間と手間がかかるので計画的に売買活動を行う必要があります。
また、スムーズに契約を行うためにも、買主の方と連絡先を交換しておくと良いですね。

投稿日:2020/10/17   投稿者:-