半田市で土地売却を検討されている方に解体費用について解説します! | 半田市周辺の不動産をお探しなら株式会社花園不動産にお任せ下さい。

株式会社花園不動産

営業時間9:00~20:00定休日年末年始・GW・盆のみ休業

半田市で土地売却を検討されている方に解体費用について解説します!


「土地売却を検討しているため、建物の解体について詳しく知りたい。」
このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
土地を何もない状態で売却したいならば、解体費用が気になると思います。
今回は当社が半田市で土地売却を検討されている方に、解体費用について解説します。

□解体費用の相場とは

土地売却を検討している方にとって、解体にかかる費用は大変重要な要素になると思います。
解体費用によって、土地の売却価格が大幅に打ち消されてしまっては残念ですよね。
あらかじめ、解体費用についてしっかり把握すればそのような後悔も未然に防げるのではないでしょうか。
では、解体費用について見ていきましょう。

最初に建物自体の解体にかかる費用を解説します。
相場は坪あたり木造住宅では約4万円から5万円、鉄骨造では約6万円から7万円、鉄筋コンクリート造では7万円から8万円です。
一般的な戸建ての延床面積が30坪から35坪であるため、木造で約120万円から175万円、鉄骨造では約180万円から245万円、鉄筋コンクリート造では約210万円から280万円が目安でしょう。

こちらの解体費用は、解体のしやすい環境かどうかで上下します。
隣家と近接している場合は解体費用が高くなる可能性があるため注意しましょう。

次は残置物撤去費用です。
建物の解体を行う際に、ゴミや家具などがある場合にはこちらの費用がかかるでしょう。
こちらの相場は、残置物1トンあたり3万円程度です。
多くの解体業者は残置物の運搬に必要な免許を所持していないため、断られるケースも多いです。
残置物は基本的に事前に自分で処理しましょう。

次は樹木伐採処分費用です。
庭に植えられている木などを撤去する場合にはこちらの費用がかかります。
相場は1トンあたり2万円前後でしょう。
他にも、地下に埋蔵物が埋まっている場合も追加で費用が発生します。
その点にも十分注意しましょう。

□建物を解体する際の注意点とは

建物を解体する際の注意点の1つめは、固定資産税が高くなる点です。
建物が建っている場合の特例が適用されなくなるため、固定資産税が最大で6倍になるでしょう。
解体後は早めの売却をおすすめします。

2つめは、解体費用にローンを使用する場合は金利が高くなる点です。
土地売却における解体費用に適用できるローンは、リフォームローンです。
こちらは住宅ローンに比べて、金利がかなり高いため注意しましょう。

□まとめ

今回は解体費用について解説しました。
解体費用の相場について理解していただけましたか。
他にも土地売却についてご不明な点がありましたら当社までお問い合わせください。

投稿日:2021/01/02   投稿者:-