離婚時に家を売れないパターンとは?売れた時にやるべきことも解説! | 半田市周辺の不動産をお探しなら株式会社花園不動産にお任せ下さい。

株式会社花園不動産

営業時間9:00~20:00定休日年末年始・GW・盆のみ休業

離婚時に家を売れないパターンとは?売れた時にやるべきことも解説!

「離婚の時に家が売れないパターンはあるのだろうか」
「家を売れた時にやるべきことはどのようなことなのだろう」
このように、離婚時の家の売却についてお悩みの方は多いですよね。
この記事では、家を売れないパターンと離婚で家が売れたらするべきことについて解説します。
ぜひお役立てください。

 

□家を売れないパターンとは

1つ目は、住宅ローンが残っているパターンです。
住宅ローンが残っていると、金融機関の了承がない状態では家の売却は不可能です。
勝手な売却をしてしまうと住宅ローン違反となり、残っているローンの一括払いを求められる可能性があります。

2つ目は、夫婦の意見が一致しないパターンです。
夫婦2人の意見が揃っているならば、売却は可能です。
しかし、妻は売りたいが夫は売りたくない、というように、意見が一致しないケースでは売却できません。
また、売却金額によっても意見が異なることが多く、スムーズな売却ができないこともあります。

 

□離婚で家が売れたらするべきこととは

1つ目は、財産分与です。
財産分与では、夫婦が婚姻期間中に築き上げた共有財産を原則半分ずつに分けるよう定められています。
この時、家の所有の名義が夫婦どちらの場合でも財産分与の対象になります。

ここで注意していただきたいのは、財産分与の対象はプラスの資産に限定されていることです。
つまり、仮に住宅ローンが残っていても売却できる任意売却が承認されても、残っている債務は財産分与の対象にはならず、負債を分配できないのです。

とはいっても「残っている債務はローンの名義の夫が支払うが、預貯金は半分ずつ」というのは、どうしても不平等ですよね。
この不平等さを解決するためには、預貯金などのプラスの資産とマイナスの資産を相殺して財産分与する方法を採用しましょう。
また、半分ずつというのはあくまで原則なので、夫婦間で合意すれば異なる割合でも問題ありませんよ。

2つ目は、引っ越しです。
売却した家を引き渡すまでに、家を空ける必要があります。
売買契約から物件の引き渡しまでは1ヶ月程度であることが多いので、売却期間中から新居を探し始めるなど、早めに準備を進めておきましょう。

また、お子さまがいらっしゃる場合には、どちらが親権を持つか、どちらと一緒に住むのかを決める必要があります。

 

□まとめ

今回は、家を売れないパターンと離婚で家が売れたらするべきことについて解説しました。
住宅ローンが残っている場合や、夫婦間で意見が合わない場合では売却できない可能性があるので、注意しましょう。
当社は半田市周辺で家の売却をお手伝いしておりますので、お気軽にご連絡ください。

投稿日:2021/12/09   投稿者:-