家を買ったばかりで離婚するとどうなる?慰謝料と売却について解説! | 半田市周辺の不動産をお探しなら株式会社花園不動産にお任せ下さい。

株式会社花園不動産

営業時間9:00~20:00定休日年末年始・GW・盆のみ休業

家を買ったばかりで離婚するとどうなる?慰謝料と売却について解説!

「家を買ったばかりの時に離婚をすると、慰謝料は発生するのだろうか」
「買ったばかりの家を売却することについて詳しく知りたい」
家を買ったばかりで離婚を決意した時、このようにお悩みの方は多いのではないのでしょうか。
この記事では、慰謝料や売却の手段について解説します。

 

□慰謝料は発生するのか

結論から申し上げますと、慰謝料の支払いが必要になるケースはあります。

家を買ったばかりで離婚をしても、離婚の原因がどちらにもない場合は相手に慰謝料を支払う必要がありません。
離婚原因をつくったわけでもないのに、慰謝料を支払う必要はないのでご安心ください。

そもそも離婚の慰謝料は、有責配偶者に支払義務が発生するお金です。
有責配偶者とは、夫婦関係を破綻させた責任がある人のことを意味します。

例えば、浮気をしたり暴力をふるったりして離婚の原因をつくってしまったら、その人が有責配偶者となります。
「相手に暴力をふるわれたから、家を買ったばかりだけれど離婚することを決意した」という場合は相手が有責配偶者であるため、こちらが慰謝料を支払う必要はなく、逆に相手に慰謝料を請求できるというわけです。
有責配偶者になってしまった場合は慰謝料の支払いが必要になることがありますが、有責配偶者でない場合は慰謝料の支払いは必要ありません。

 

□売却するという手段について

家の所有が単独名義の場合は片方の意思で売却できますが、共同名義の場合では夫婦2人の同意が必要となります。
また、売る時には、オーバーローン、アンダーローンによって売却方法が異なります。

オーバーローンとは、住宅ローンの残額が家の売却価格を上回っている状態です。
この場合、住宅ローンの完済は売却時にできないため、貯金などによって残っているローンを支払う必要があります。
オーバーローンの家を売る時には、住宅ローンを組んだ金融機関の同意が必要となります。

アンダーローンとは、住宅ローンの残額よりも家の売却価格が上回っている状態です。
この状態では、住宅ローンを完済できることに加え、利益も残ります。
残った利益は財産分与の対象なので、半分ずつ分けることが一般的です。

 

□まとめ

今回は、家を買ったばかりで離婚する場合は慰謝料が発生するのか、また、売却する場合について解説しました。
慰謝料は、有責配偶者の場合には支払う必要があります。
また、売却する時には家のローンの残額と家の売却金額の大小関係を理解しておきましょう。
半田市周辺で家の売却をお考えの方はぜひ当社をご検討ください。

投稿日:2021/12/13   投稿者:-