生前贈与と相続の違いとは?家を生前贈与するメリットやデメリットをご紹介! | 半田市周辺の不動産をお探しなら株式会社花園不動産にお任せ下さい。

株式会社花園不動産

営業時間9:00~20:00定休日年末年始・GW・盆のみ休業

生前贈与と相続の違いとは?家を生前贈与するメリットやデメリットをご紹介!

「相続について考えるのは、亡くなってから」
そう思って、生前贈与を一度も検討されない方は少なくないでしょう。
しかし、生前贈与を行うことで相続の負担が減らせるかもしれない、と聞いたら気になりますよね。
そこで今回は、生前贈与と相続の違い、また家を生前贈与するメリット・デメリットについて紹介します。

 

□生前贈与と相続の違いとは?

生前贈与とは、生きているうちに財産を別の人に贈与することを指します。
基本的に制限がなく、亡くなる前ならば誰にでも、どのタイミングでも譲れるのが特徴です。

生前贈与と相続の違いは、財産を渡すタイミングにあります。
生前贈与が生きているうちに対して、相続は亡くなった後です。

また、支払う税金にも違いがあり、生前贈与の場合は贈与税、相続の場合は相続税がかかります。

生前贈与の渡し方には、2つの方法があります。

1つ目は、暦年贈与です。
一般的に、生前贈与をする際は、受け取った側が贈与税を支払う必要があります。

ただし、この方法をならば、毎年1月1日から12月31日までの1年間の贈与額が110万を超えない限り贈与税がかかりません。

2つ目は、相続財産の前渡しです。
この方法をならば、相続時精算課税制度を採用できます。
この制度を採用すれば、2500万円までは非課税となります。

ただし、これは生前贈与した財産と相続した財産をまとめたものを課税対象とする制度であるため注意が必要です。

 

□家を生前贈与するメリットとデメリットについて

結婚してから20年以上経つ夫婦間で贈与を行う場合、贈与税の配偶者控除の特例が利用できることがメリットとして挙げられます。
これを利用すると、贈与税が2000万円まで非課税となり、暦年贈与と併せて利用できます。

また、贈与する相手とタイミングを自由に選べる点も、メリットと言えるでしょう。

生前贈与のデメリットとして、不動産の名義変更に必要な費用が相続時よりも高いことや、贈与税の税率が相続税の税率よりも高いこと、相続開始前3年以内の贈与加算があること、小規模宅地等の特例が使えない場合があることなどが挙げられます。

 

□まとめ

今回は、生前贈与と相続の違い、家を生前贈与するメリット・デメリットについて紹介しました。
生前贈与は、贈与する相手や時期を自由に選べるといったメリットがある一方、相続よりも費用がかかる恐れがあるといったデメリットもあります。
半田市周辺で生前贈与や相続に関してお悩みの方は、当社までお気軽にご相談ください。

 

投稿日:2022/12/19   投稿者:-