離婚したら持ち家はどうするべき?確認するべきポイントも解説します! | 半田市周辺の不動産をお探しなら株式会社花園不動産にお任せ下さい。

株式会社花園不動産

営業時間9:00~20:00定休日年末年始・GW・盆のみ休業

離婚したら持ち家はどうするべき?確認するべきポイントも解説します!

離婚が決まった時は、持ち家をどうするかについても考える必要があります。
持ち家を売却するにしても、夫婦のどちらかが住み続けるにしても、気をつけるポイントがいくつかあります。
そこで今回は、離婚時の持ち家の処理方法と確認すべきポイントを解説します。

 

□離婚したら持ち家はどうするべき?

持ち家の処理方法を2つご紹介します。

1つ目は、売却して夫婦で財産分与をすることです。
夫婦のどちらも持ち家に住まない場合や持ち家より現金が必要な場合は、売却をして財産分与をする方法があります。
財産分与する時は、夫婦間で分割割合を決める必要があります。

2つ目は、夫婦のどちらかが住み続ける方法です。
子どもがいる場合、環境の変化による負担をかけたくないことから持ち家に住み続けることが多い傾向にあります。

しかし、1人で住宅ローンの残債の支払いをすることが難しく、住み続けられない場合もあります。
その時は、売却を検討することをおすすめします。

なお、住宅ローンが残っている時は、財産分与だけでなく、どちらがローンを返済していくかを決める必要があります。
また、住宅ローンの残債がある状態で持ち家の売却、財産分与をおこなう場合は、分与できる財産が減るので注意しましょう。

 

□財産分与をする前に確認するべきポイントとは?

離婚する時に持ち家をどうするか決める前に、確認すべきポイントを2つ紹介します。

1つ目に、共有名義かどうかです。
持ち家の売却には名義人全員の合意が必要なので、離婚後も共有名義のままにしておくと売却しにくくなります。
そのため、離婚する前に単独名義にするのが良いでしょう。

2つ目に、抵当権が残っているかどうかです。
住宅ローンの残債がある場合、持ち家には抵当権が設定されています。
抵当権とは、金融機関から住宅ローンを借りる時に、金融機関が不動産を担保にできる権利のことです。
万が一、ローン返済が滞った場合は、担保にした不動産を強制的に差し押さえられます。
そのため、住宅ローンの債務者と持ち家の名義人が異なる場合、家を出た相手が住宅ローンを支払わないと持ち家が差し押さえられることになります。
離婚するときは家を売却し、抵当権を取り消すことをおすすめします。

 

□まとめ

今回は、離婚時の持ち家の処理方法と確認すべきポイントを解説しました。
離婚後の持ち家は、売却する方法とどちらか一方が住み続ける方法があります。
どちらか一方が住み続ける場合は、ローン返済をどうするのか、離婚前によく話し合いましょう。
半田市周辺にお住まいの方で、離婚後の持ち家に関して気になる点がありましたら、当社にご連絡ください。

投稿日:2023/01/15   投稿者:-