日記 2020年10月 | 半田市周辺の不動産をお探しなら株式会社花園不動産にお任せ下さい。

株式会社花園不動産

営業時間9:00~20:00定休日年末年始・GW・盆のみ休業

日記

DIARY

不動産売却には、一般的に3ヶ月?6ヶ月の期間がかかると言われています。
それ以上の時間がかかる場合は、何かしらの問題があると考えられます。
その問題を認識するためにも、売れないケースを把握しておきましょう。
対処法もご紹介しますので、ぜひご覧ください。

◻︎不動産が売れない原因とは

不動産売却がなかなか成功しない原因としては、さまざまなものが考えられます。
ここでは、その中でも4つご紹介します。

まずは、価格に問題があることです。
購入希望者から内覧の申し込みが少ない場合は、価格を見つめ直してみましょう。
売出価格が相場に比べて高いことが考えられます。
このようにならないためにも、同様の物件の相場をあらかじめ把握しておくと良いでしょう。

次に、物件に問題があることです。
内覧には来るけれど契約が成立しないという場合には、物件に破損や汚れがあることが考えられます。

さらに、二世帯住宅の場合も注意が必要です。
買い手の対象が少ない上に両世帯の意見が一致しないと購入に至らないので、売却が難しい場合が多いでしょう。

また、不動産会社に問題がある場合もあります。
価格や物件に問題がない場合は、広告や営業に問題があるかもしれません。
売り出しているエリアや物件での売却実績を確認しておきましょう。
不動産会社の販促活動は、特にチェックすべきポイントです。

◻︎物件がなかなか売却できない場合の対処法とは

物件が売れない場合の対処法には、どのようなものがあるのでしょうか。
一緒に確認していきましょう。

まず、価格に問題がある場合は価格を見つめ直す必要があります。
周辺の不動産情報を確認し、似たような条件の物件を探しましょう。
その際には、立地場所や築年数などにも注意が必要です。

相場と大きくかけ離れている場合は、価格の見つめ直しを行ってみると良いですね。
適正価格付近であれば、少しずつ値下げを行うのもおすすめです。

また、物件に問題がある場合は、物件の状態を確認する必要があります。
好印象を持ってもらうためにも、掃除を行って照明を明るくしておきましょう。
また、コストはかかりますが水回りや壁紙をリフォームしておくのもおすすめです。

最後に、不動産会社の販促活動の状況を確認するのも1つの方法です。
図面や文字情報だけでなく、写真なども用いて販促活動を行っているかを確認しておきましょう。

◻︎まとめ

物件が売れない場合は、価格や物件の状態、不動産会社に問題がある場合があります。
それらをあらかじめ確認しておくことは、不動産売却を成功させる上で大事な要素です。
半田市で不動産売却を検討されている方は、ぜひ一度不動産会社に相談してみましょう。

投稿日:2020/10/29   投稿者:-

半田市で不動産売却をご検討の方の中には、売出価格でお悩みの方は多いのではないでしょうか。
売出価格によって、取引成立までの期間は長引く可能性があります。
不動産売却で失敗しないためにも、売出価格を決める流れを把握しておきましょう。

◻︎不動産の売出価格とは

売出価格とは、不動産広告などに掲載される中古物件の価格のことを指します。

中古物件の場合、売主が個人の場合が多いです。
そのため、相場を反映した価格でない場合もあるでしょう。
つまり、売出価格は査定の内容を参考にしつつも、売主の希望が加味された価格と言えるでしょう。
早急に売りたい場合には安めに、余裕がある場合には高めに設定される傾向があります。

◻︎売出価格を決める流れとは

売出価格を決める際には、3つの手順があります。
ここでは、それぞれの手順について詳しくご紹介します。

まず最初に、不動産会社に査定を依頼しましょう。
物件の価値は、築年数や物件の状態、エリアによって変化します。
査定を受けることで、それらの要素を加味した価格を不動産会社の方に教えてもらえます。
不動産のプロが算出してくれるため、ご自身で調査するより正確に相場価格を確認できますよ。

次に、査定価格を把握しましょう。
不動産会社の方に査定を依頼すると、査定のために現地を訪問してくれます。
その際には、立地の状況や住宅の広さ、管理状況を確認するでしょう。

査定が終わると、結果をまとめた査定書がもらえます。
査定書の中には、査定価格に加えて査定の根拠や販売戦略まで記載されています。
それらを確認して、売出価格を決める要素の1つにしましょう。

最後に、査定価格を確認したら売出価格を決めましょう。
査定価格は、一般的に売り出して3ヶ月以内に売れる価格とされています。
いつまでに売り切りたいかを踏まえつつ、売出価格を決めましょう。

3ヶ月以内に売り切りたければ、下限を決めた上で売出価格を査定価格よりも低く設定することも1つの戦略です。
引越し先の経費やローン残債などの必要経費から逆算して求めておきましょう。

一方で、4ヶ月以上の余裕がある場合は売出価格を高めに設定できます。
購入検討者の様子を見ながら、段階的に価格を下げていくといった方法もおすすめです。

◻︎まとめ

売出価格とは、売主の事情が加味された中古物件の価格です。
まずは売出価格を決める手順として、不動産会社に査定を依頼しましょう。
価格を決める際には、査定価格と自身の状況を踏まえて慎重に考えると良いですね。
売却期限も非常に重要な要素になるため、事前に確認しておきましょう。

投稿日:2020/10/25   投稿者:-

不動産を購入する理由がさまざまであるように、売主ごとに違った理由を持って不動産売却をします。
買主にとって売主の売却理由は、不動産購入において非常に重要な要素となります。
そこで今回は、半田市で不動産売却をご検討されている方に向けて、売却理由と伝え方のポイントについてご紹介します。

◻︎不動産売却の理由とは

不動産を売却する理由は、売主の事情によって大きく異なります。
ネガティブなものからポジティブなものに渡り、多種多様な理由が存在します。
ここでは、具体的な売却理由をご紹介します。

まず、不動産を売却する中で最も多い理由の1つとして考えられるのが、より良い住まいへの住み替えでしょう。
より良い住環境や自然環境を求めた住み替えのための資金として、多くの方が不動産売却をご検討します。

また、家族編成の変化といった理由も考えられます。
具体的には、家族が増えてきて住まいが狭くなったケースや、子供が巣立ったため手広くなってしまったケースがあるでしょう。

一方、ネガティブな理由としては、住宅ローンの滞りが考えられます。
住宅ローンの滞納が長期化した際には、銀行側からこれ以上返済を見込めないと判断される場合があります。
その際に、裁判を通じて強制的に売却せざるを得なくなる場合があります。

◻︎ネガティブな売却理由を伝える際のポイントとは

住宅ローンの滞納の他にも、近所トラブルや事故の発生なども理由として考えられます。
購入者が不安を感じたり、不快に思うような影響があったりする場合には告知する義務があるので、注意しておきましょう。
そのようなネガティブな理由を伝える際には、いくつかのポイントを把握しておく必要があります。

まず、不動産会社の方に相談しましょう。
正直に理由を伝えておくことで、その理由を踏まえた上で買い手を探してくれますよ。
また、伝え方のポイントについても一緒に考えてくれるかもしれませんね。

次に、内覧時の伝え方も考えましょう。
ネガティブな場合も、マイナス部分だけでなくその解決策も一緒に伝えることで買主の購入意欲の低下を防ぐ可能性があります。
さらに、値引きと合わせて伝えることで購入意欲を高めることもあるでしょう。

◻︎まとめ

不動産売却の理由はポジティブなものからネガティブなものまで多種多様です。
その中でも、ネガティブな売却理由の場合はその伝え方に注意が必要です。
伝え方を把握するためにも、不動産会社の方としっかりと相談しておくと良いでしょう。

投稿日:2020/10/21   投稿者:-

半田市で不動産売却をご検討の方の中には、遠方に住んでいてなかなか現地に向かえない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
理由としては、親から譲り受けたことなどが挙げられるでしょう。
そこで今回は、遠方に不動産をお持ちの方に向けて、遠方の不動産を売却する方法と注意点についてご紹介します。

□現地に行かず不動産を売却する方法とは

一般的に、不動産売買は買主、売主、不動産会社が立ち会って行います。
しかし、売主の方が遠方にお住まいの場合、全員が立ち会うのは困難でしょう。
そのような場合には、次の方法が考えられます。

まずは、契約者の持ち回り契約です。
これは売買契約を郵送で行う方法です。
立ち会いせずに契約することに了承を得られれば、この方法は有効でしょう。

次は、代理契約です。
現地の近くに住んでいる親戚や出向ける距離に住んでいる知人に、不動産売買契約書の著名、捺印を代理で行ってもらいます。
代理での署名は禁止と考えている方もいらっしゃると思いますが、署名代理と呼ばれる法律的に有効な方法です。
しかし、契約時のトラブルなどで被る責任の所在は依頼人になるため、依頼する人は慎重に選ぶ必要があるでしょう。

最後は、司法書士に依頼する方法です。
司法書士は、専門的に不動産登記や契約書の作成を行う職業です。
不動産登記の移動から売買手続きまで行ってくれる事務所を探しましょう。
手数料を支払う必要はありますが、現地立ち合いから不動産売買契約までの全ての手順を代理してくれますよ。

□遠方の不動産売却の注意点とは

遠方の不動産売却には、近隣の不動産売却にない注意点があります。

まず、基本的に遠方の不動産の売却には時間と手間がかかるということです。
自分が住んでいる場所とは管轄が異なる役所や法務局で手続きを行う必要があるため、現地調査に時間がかかることも多いでしょう。
そのため、遠方の不動産売却では、時間がかかることを想定して計画的な売買活動を行う必要があります。

また、現地にご自身がいないことによって、買主の方と連絡が取りにくくなるケースも考えられるでしょう。
対策として、電話番号やメールアドレスをあらかじめ聞いておくことをおすすめします。

□まとめ

遠方の不動産売却には、いくつか方法があります。
具体的には、司法書士や親戚に代理を依頼したり郵送で手続きを行ったりする方法が考えられるでしょう。
この場合、時間と手間がかかるので計画的に売買活動を行う必要があります。
また、スムーズに契約を行うためにも、買主の方と連絡先を交換しておくと良いですね。

投稿日:2020/10/17   投稿者:-

半田市で土地売却をお考えの方の中には、売却までにかかる期間についてお悩みの方は多いのではないでしょうか。
住み替えの時期も考慮する必要があるため、知っておきたい要素の1つですよね。
そこで今回は、土地売却にかかる期間と注意点についてご紹介します。

□土地売却にかかる期間はどのくらい?

土地の売却は、価格を決めるための査定から始まります。
近隣施設や日当たりといったさまざまな条件を確認し、過去の取引データをもとに査定されます。

建物も含めた査定の場合は建物の調査も必要ですが、土地だけであればそれほど時間はかかりません。
過去のデータからの概算だけであれば、当日中に結果が出るでしょう。
しかし、土地を売る方向で具体的に進めていく場合は現地調査も必要なため、数日程度の査定期間がかかります。

査定後に、買主が見つかるまでの期間は条件次第で変わるでしょう。
一般的には、土地や一戸建て、マンションといった不動産売却にかかる期間は、売却依頼から引き渡しまで含めておよそ3か月から6か月程度なので参考にしてみてください。

また、土地売却において測量で境界を確定する必要がある場合もあるでしょう。
その作業に時間がかかることもあるため、注意してください。

□土地売却を行う上での注意点とは

土地売却を行う際には、注意するべきポイントがあります。
ここで確認しておきましょう。

まず、ローンを完済する必要がある点です。
土地などの不動産は高額のため、金融機関から融資を受けるケースは多いですよね。

融資を受けて購入した土地には、抵当権があります。
そして、抵当権が設定された土地は融資を受けた人の担保となります。
そのため、抵当権を解除するには受け取った金額を金融機関に返済する必要があります。
売却金額が返済金額に満たなかった場合には売却できないので、注意しておきましょう。

次に、相続登記を忘れずに行うことです。
土地は、所有権を第三者にはっきり認識させる必要があります。
司法書士などの専門家に依頼するなどして、相続登記の書類を準備しておきましょう。
土地売買において、権利関係をはっきりさせておくことは非常に重要なポイントです。

□まとめ

土地売却にかかる期間は、依頼から引き渡しまででおよそ3か月から6か月です。
しかし、土地売却を行う際には注意するべきポイントがいくつかあります。
ローンが完済できていなければ、土地売却は行えません。
また、相続登記を行って権利関係をはっきりさせておくことも重要なポイントなので、注意しておきましょう。

投稿日:2020/10/13   投稿者:-