日記 2021年11月 | 半田市周辺の不動産をお探しなら株式会社花園不動産にお任せ下さい。

株式会社花園不動産

営業時間9:00~20:00定休日年末年始・GW・盆のみ休業

日記

DIARY

ぜんざい、作ってみました。

小豆から作ってみたんですが、塩加減を失敗。

投稿日:2021/11/29   投稿者:-

「不動産売却の際電気はいつ止めるのがよいのか」
「電気代を節約する方法について知りたい」
半田市周辺でこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
止めるタイミングについては誰しも気になるでしょう。

そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

□電気などのライフラインを止めるタイミングについて

皆さんは、電気などのライフラインをいつ止めるべきであるとお考えでしょうか。
あまりイメージが湧かない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
また、間違ったタイミングで止めてしまうと大きな後悔に繋がりますよね。
ぜひこの機会に正しく把握しておきましょう。

ライフラインは、引き渡しまでに止めてもらいましょう。
引き渡しまでの維持費は売主負担となります。
そのため、名義を変更するまでは売主が支払うというのが一般的です。

住んでいないにもかかわらず基本料金を払い続けることに抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。
しかし、内覧時に照明やエアコンが使用できない物件というのは、印象が良くありませんよね。
そのため、買い手がつきにくくなってしまいます。
物件の引き渡し日が決まるまでは、必要な経費であると割り切って支払いましょう。

以上が、止めるタイミングについてでした。

 

□売却する物件の電気代を抑える方法について

ここまで、電気を止めるタイミングについて解説しました。
理解が深まったのではないでしょうか。

しかし、売却する物件の電気を止めるまでは当然電気代が発生しますよね。
この電気代をできるだけ抑えたいという方も多いでしょう。
そこで続いては節約方法を解説します。

それは、家のアンペア数を下げることです。
ガスなのかIHなのかにもよりますが、一般的には2LDKから3LDKの家の場合は40Aから50Aであり、さらに大きな戸建ての場合は60Aの家もあります。

しかし、最低限の照明や空調、換気は20A程度で作動するため、20Aに下げることで基本料金を節約できます。

もちろんすべての方がアンペアを下げられるかというとそうではありません。
年間契約をしている場合などはアンペアの変更が不可能である可能性もあるため、まずは確認してみましょう。

可能であれば、アンペア数を下げることで節約を目指しましょう。

以上が、節約方法についてでした。

 

□まとめ

今回は、半田市周辺で不動産売却をお考えの方に向けて、電気はいつ止めるべきなのかについて、また、電気代の節約方法について解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、スムーズで無駄のない売却を目指してくださいね。
ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。

投稿日:2021/11/29   投稿者:-

「不動産の繁忙期と閑散期はいつなのだろうか」
「繁忙期に売る際の注意点について知りたい」

半田市周辺でこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
不動産を売却する際には繁忙期と閑散期について知っておくことが重要です。
そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

□繁忙期と閑散期について

みなさんは、不動産の繁忙期と閑散期についてご存じでしょうか。
なんとなくしかイメージが湧かないという方もいらっしゃるでしょう。
そこでまずは、繁忙期と閑散期について解説します。

1月から3月は、引っ越しのシーズン真っ只中です。
一年の中でも最も忙しい時期といえるでしょう。

4月から6月は、少し落ち着く頃です。
しかし、繁忙期を避けてお部屋探しをする人や繁忙期にお部屋が見つからなかった人も一定数はいるため、閑散期とはいえません。

7月から8月は、閑散期であり最も落ち着いています。

9月から10月は、転勤などによる部屋探しの件数が増加します。
第二の繁忙期とも呼ばれます。

11月から12月は、部屋探しをする人が減り閑散期となります。

以上が、繁忙期と閑散期についてでした。

 

□繁忙期に売却する際の注意点について

ここまで、繁忙期と閑散期について解説しました。
理解が深まったのではないでしょうか。
また、繁忙期に売却したいとお考えになった方も多いでしょう。
しかし、繁忙期に売る際には注意点があります。
ぜひ併せてチェックしておきましょう。

注意点は、ライバルが多いということです。
実際に、繁忙期の方がほかの時期よりも高く早く売れるという事例は多いです。
相場より高価格であっても売れることもあります。
しかし、ライバルの出現がデメリットとして挙げられます。

買いたい人がたくさんいる分、繁忙期を狙って多くの売り手が不動産売却を行ったり不動産会社が物件を出したりします。

ほかの時期に出していれば人気になっていた不動産であっても、繁忙期に出してしまったがために人気が出なかったという事態になる可能性もゼロではありません。
このような注意点があるということを把握したうえで、売却を行いましょう。

以上が、注意点についてでした。

 

□まとめ

今回は、半田市周辺にお住いの方に向けて、不動産の繁忙期と閑散期について、また、繁忙期に売却する際の注意点について解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。

今回の情報を活用し、不動産売却をしてみてくださいね。
ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。

投稿日:2021/11/25   投稿者:-

「土地売却の際の注意点について知りたい」
「高く売るためのコツについて知りたい」
半田市周辺でこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
土地売却の際には、土地に建物が残っている場合に注意が必要です。

そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

□土地売却の際の注意点について

土地売却の注意点にはさまざまなものがあります。
今回は、冒頭でも触れたように、建物が残っている場合にフォーカスして注意点を解説します。

土地に建物が残っている場合にはどのような注意が必要なのでしょうか。
それを知るためには建物を残すことのメリットとデメリットについて把握することが大切です。

まずはメリットについてです。
メリットは、解体費用がかからないことがまず挙げられます。
また、更地に比べると固定資産税や都市計画税の負担が軽く済みます。

続いてはデメリットについてです。
デメリットは、買主が解体を行う必要があるので、更地よりも検討順位が下がってしまうことにより売れにくくなってしまうことです。
また、建物が大きく劣化している場合、見栄えが良くありませんよね。
売却するうえで見栄えをよくすることは非常に重要です。

以上がメリットデメリットについてでした。
建物を残す際にはこのようなデメリットがあるということを注意点として知っていただければと思います。

 

□高く売るコツについて

ここまで、土地売却の注意点について解説しました。
理解が深まったのではないでしょうか。
そこで続いては、高く売るコツについて解説します。
ぜひこちらも併せてチェックしておきましょう。

1つ目は、土地相場をチェックすることです。
インターネットの情報サイトなどを見て、周辺の土地がどれくらいで売られているのかを把握しましょう。
この際、住所が近い土地だけでなく、同じ条件の土地を探すとより良いでしょう。
駅からの徒歩分数や最寄り駅が同程度の物件もチェックしてみましょう。

2つ目は、土地の見栄えを整えることです。
前の章でも解説したように、売却を成功させるうえで見栄えはとても重要です。
雑草が生えたり建物が劣化していたりすると見た目の印象が悪いですよね。
できるだけ片付けをしたり草を取ったりして、見栄えを整えましょう。

以上が、コツについてでした。

 

□まとめ

今回は、半田市周辺で土地売却をお考えの方に向けて、注意点について、また、高く売るコツについて解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、土地売却を行ってくださいね。
ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。

投稿日:2021/11/21   投稿者:-

「土地の売却にかかる税金と支払うタイミングについて知りたい」
「節税方法について知りたい」

半田市周辺でこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

□土地の売却にかかる税金とは

皆さんは、土地の売却にかかる税金についてご存じでしょうか。
あまりイメージが湧かない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
また、支払うタイミングについてもなかなか知る機会はないでしょう。
ぜひチェックしてみてください。

1つ目は、印紙税です。
支払うタイミングは、売買契約時です。

2つ目は、登録免許税です。
支払うタイミングは、引き渡し時です。

3つ目は、所得税・特別復興所得税です。
支払うタイミングは、売却した翌年の2月16日から3月15日が原則です。

4つ目は、住民税です。
支払うタイミングは、売却した翌年度の6月以降です。

この4つの税金が基本ですが、そのほかにも仲介手数料や銀行手数料には消費税がかかることを把握しておきましょう。

金額が大きくなる可能性があるのは所得税と住民税です。
これらは支払い時期も遅いため、売却で得た代金を早めにすべて使用してしまうと後悔に繋がります。
しっかりと残しておきましょう。

以上が、かかる税金とタイミングについてでした。

 

□節税方法について

ここまで、税金の種類と支払うタイミングについて解説しました。
理解が深まったのではないでしょうか。
そこで続いては、節税方法について解説します。
ぜひこちらも併せてチェックしておきましょう。

節税方法としては、譲渡所得で特別控除が出る場合があるため、それを利用することです。
ではどのような場合に特別控除が出るのでしょうか。

1つ目は、公共事業目的で土地を売却した場合です。
この場合には、5000万円の控除が出ます。

2つ目は、売却した土地が自己居住用財産である場合です。
この場合には3000万円の控除が出ます。
控除を受ける際、所有期間については特に問われませんが、土地と一緒に建物も売却する必要があります。

また、買主と売主が親子であるなど、特別な関係を持たないことが条件のひとつとしてあります。

以上が、節税方法についてでした。

 

□まとめ

今回は、半田市周辺で土地の売却をお考えの方に向けて、かかる税金と支払うタイミングについて、また、節税方法について解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、土地の売却を行ってくださいね。
ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。

投稿日:2021/11/17   投稿者:-