日記 2021年12月 | 半田市周辺の不動産をお探しなら株式会社花園不動産にお任せ下さい。

株式会社花園不動産

営業時間9:00~20:00定休日年末年始・GW・盆のみ休業

日記

DIARY

「相続した家を売ることを考えているけど、メリットはあるのだろうか」
「何か受けられる特例があるのかを知りたい」
半田市周辺で相続した家を売ることを検討していると、このようなお悩みが出てくるかと思います。
この記事は、相続した家を売るメリットと受けられる特例について詳しく解説します。
ぜひお役立てください。

 

□相続した家を売るメリットとは

1つ目は、維持費がかからなくなることです。
自治体は放置されている空き家を「特定空き家」に指定できます。
そのため、空き家を放置していると、過料が発生したり行政から指導が入ったりします。
このような事態になってしまうと、居住用建物に対しての固定資産税のような優遇措置がなくなるという不利益を被ることとなる可能性があります。

また、維持管理費もかかります。
たとえ利用していない空き家だったとしても、周辺の住民に迷惑はかけたくありませんよね。
メンテナンスを怠っていると、建物が倒壊したり、一部が剥がれて飛んでいったりして、近隣の方とトラブルに発展する可能性があります。
こうならないためにも、家のメンテナンスに費用をかける必要があるのですが、家を売却すると、このような費用がかからなくなります。

2つ目は、相続した不動産を均等に分配できることです。
相続人が複数人いると、不動産の分配でトラブルが起こりやすくなります。
しかし、土地を綺麗に等分して分けるわけにもいきませんよね。

では、遺産が現金の場合はどうでしょうか。
平等に分けられますよね。
相続していた不動産を売却し、得た利益を均等に分割することでトラブルになるリスクを避けられるでしょう。

 

□相続した家を売ることによって受けられる特例とは

相続した家を売る場合、被相続人の子供が住んでいた住宅であれば特例が受けられ、税金の控除などを認められるのです。
被相続人の子供が自宅として居住していた場合は、その家は居住用財産とみなされ、3000万円の特別控除、特定の居住用財産の買換え特例、マイホーム買い換えの場合の譲渡損失の繰越控除などの特例が受けられます。
しかし、子供がその住居に居住していなかった場合はこれらの特例は受けられません。

 

□まとめ

今回は、相続した家を売るメリットと受けられる特例について詳しく解説しました。
維持費がかからなくなることや近隣住民とトラブルに発展するリスクがなくなること、利益を複数人で綺麗に分配できることなどのメリットがあります。
半田市周辺で家の売却にご興味がある方は、ぜひ当社をご検討ください。

投稿日:2021/12/29投稿者:-

「親の家を相続したくないけれど、どうしたら良いのだろう」
「親の家を相続するデメリットがあれば教えてほしい」
半田市周辺で、このようなお悩みを抱えている方はいらっしゃると思います。
この記事では、親の家を相続するデメリットと家を手放す手段として売却がおすすめであることを詳しく解説します。

 

□親の家を相続するデメリットとは

1つ目は、維持費が発生することです。
親の家を相続すると、維持費がかかります。
例えば、固定資産税や水道光熱費、屋根や壁の修理費用などです。
固定資産税は家の評価額の他に、立地条件なども考慮されて各市町村によって算出されます。

特に、電気代に注意する必要があります。
全く電気を使用していなくても、基本料金の半額を支払わなければならないケースが多いからです。
基本料金を全額請求されるケースもあります。
全く家を利用していなくても、電気代が発生してしまうので十分に注意する必要があります。

2つ目は、取り壊し費用の負担です。
維持費がかかることが嫌だからという理由で、古くなった家を取り壊して更地にすることもあります。
ただし、家を取り壊すためにはプロに依頼する必要があるため、どうしても費用がかかってしまうのです。
その金額は家の構造や大きさによって異なりますが、使わない家のためにお金は使いたくないですよね。

3つ目は、事故が発生する可能性があることです。
「家を壊すのにお金がかかるのなら、そのまま放置しておけば良い」とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、それはあまり良くありません。
家を放置し続けると、トラブルに発展する可能性があるからです。

例えば、家の倒壊や景観の悪化です。
家のメンテナンスを怠ることで状態が悪化し、倒壊して事故に繋がることがあります。
また、庭や家が汚くなることで景観が悪くなることや、虫が発生して近隣住民に迷惑をかけることもあるのです。

 

□家を手放す手段として売却がおすすめ

できることなら家をお金に換えたいですよね。
そのような思いの方は、売却の検討をおすすめします。
半田市周辺で家の売却をご検討中の方は、ぜひ当社をご検討ください。

 

□まとめ

今回は、親の家を相続するデメリットと家を手放す手段として売却がおすすめであることを解説しました。
親の家を相続するデメリットには、事故に繋がる恐れがあることや取り壊し費用がかかることなどが挙げられます。
家を相続したくない方は、お金をかけるのではなくお金に換えるために、ぜひ売却をご検討ください。

投稿日:2021/12/25投稿者:-

「親名義のまま家に住むことに、何か影響はあるのだろうか」と不安に感じている方は少なくないと思います。
実は、親名義を変更せず、相続した家にそのまま住み続けることはあまりおすすめできません。
この記事では、そのおすすめできない理由と相続において大切なことについて詳しく解説します。

 

□親名義を変更せず相続した家に住み続けることをおすすめできない理由とは

1つ目の理由は、新しい相続の発生時にトラブルになるからです。
法律上は、相続した家に親名義のまま住んでも全く問題ありません。
その理由は、名義変更の手続きに期限が定められているわけではないからです。

しかし、法律上は問題なくても、名義変更しないことによって問題が発生する可能性はあります。
たとえ相続していたとしても、名義変更をしない限りは当初の被相続人の財産であり、自身の財産になるわけではないからです。

例えば、被相続人である父の家に相続した長男が名義変更をしないまま住み続けたとします。
住んでいる間に、次男が亡くなってしまったらどうなるでしょうか。

家は父名義の財産のままなので、次男にも財産を相続する権利が残ったままになってしまいます。
次男が相続できたはずの財産ということで、次男の配偶者は相続権の主張が可能になるのです。
このような事態が続くと、相続人がどんどん増加していき、登記がとても難しくなりトラブルが多発するでしょう。

2つ目は、家の売却や不動産担保ローンを組めないからです。
家の売却には、名義人の同意が必要となりますが、名義変更をしていないと自身の意志で埋却ができません。
それに加えて、その家を担保にローンを組むこともできません。

3つ目は、相続税や固定資産税がかかるからです。
親名義であることが理由で、住んでいる人が税金を回避できるわけではありません。
名義変更をしていなくても課税対象になるので、相続税や固定資産税を支払う必要があります。

 

□相続するのかについては話し合いが大切

親の家に関しては、同居人や離れて暮らす子供が主張しあうと、紛争が長くなってしまうでしょう。
そうならないために大切なのは、自分の利益だけでなく相続人全員の利益を考えることです。
相続人の生活状況を考えて、現実的な解決策を柔軟に探しましょう。
例えば、他の相続人に家賃を払って住み続ける方法や、転居負担が必要となる同居人に多めに分配するという方法があります。
お互いが納得できるよう、妥協しあいながら話し合いを進めていってください。

 

□まとめ

今回は、親名義のまま相続した家に住み続けることをおすすめできない理由と相続する上で大切なことについて詳しく解説しました。
親名義のまま家に住み続けてしまうと、家の売却ができなくなり、相続に問題が発生することがあります。
半田市周辺で家の売却にお悩みの方は、ぜひ当社をご検討ください。

投稿日:2021/12/21投稿者:-

「離婚する時、現在住んでいる家をどうすれば良いのか」
「離婚時の財産分与の方法を知りたい」
このように、離婚時に家の扱いにお悩みの方は多いのではないのでしょうか。
この記事では、離婚後の家の対処法や売却での財産分与について詳しく解説します。
ぜひお役立てください。

 

□離婚後の家の対処について

離婚は、慰謝料や財産分与、親権、養育費などを夫婦で話し合い、その内容を離婚協議書に定めて互いに判を押し、離婚届を提出すると成立します。
この中の財産分与とは、夫婦が婚姻中に協力して築き上げた共有財産を離婚時に分け合うことを意味します。
不動産の財産分与では、名義にかかわらず半分ずつにすることが原則です。

ただ、家を半分に分割することはできませんよね。
家の財産分与の方法は大きく分けて2つあります。

1つ目は、夫婦どちらかが所有する方法です。
家の価格を調べてその半分の価格を相手に支払うと、財産分与は完了した上で、家を夫婦どちらかで所有できます。
例えば、離婚時の家の価格が2000万円の場合、相手に1000万円の支払いが必要になります。

ここでの注意点は、財産分与の半分の額を支払うというのは基本的な考え方であるということです。
つまり、夫婦間で合意さえすれば金額は自由に設定できます。
従って、絶対に半分ずつというわけではありません。

2つ目は、家を売却して売却金額を半分ずつ分ける方法です。
この方法について、これから説明します。

 

□売却での財産分与について

売却をして家を現金化するためには、最初に住まいの査定をしてもらい家の金額を決める必要があります。
そして査定終了後、査定金額と残債の関係性によって現金化の方法を決定します。

査定額が残債を上回る時は、そのまま売却して現金化することが最も簡単にできます。
売却額から残債を引いても手元にお金が残るので、その利益分を夫婦平等で分け合えます。
1つ注意しておきたいのは、住まいに新しい買い手が見つかるまで、つまり不動産の売却が終了しない限りは財産分与が終わらないということです。

査定額が残債を下回る場合は、家を売却してから残債は自己資金で支払いを行うことや、任意売却での家の売却という方法で現金化します。

 

□まとめ

今回は、離婚での財産分与や売却での財産分与について詳しく解説しました。
財産分与では片側がその家に住むか、現金化して均等に分けるかの2つの方法があります。
査定額と残債の金額関係を充分に計算した上で、財産分与を行いましょう。
半田市周辺で家の財産分与をご検討中の方は、ぜひ当社にご相談ください。

投稿日:2021/12/17投稿者:-

「家を買ったばかりの時に離婚をすると、慰謝料は発生するのだろうか」
「買ったばかりの家を売却することについて詳しく知りたい」
家を買ったばかりで離婚を決意した時、このようにお悩みの方は多いのではないのでしょうか。
この記事では、慰謝料や売却の手段について解説します。

 

□慰謝料は発生するのか

結論から申し上げますと、慰謝料の支払いが必要になるケースはあります。

家を買ったばかりで離婚をしても、離婚の原因がどちらにもない場合は相手に慰謝料を支払う必要がありません。
離婚原因をつくったわけでもないのに、慰謝料を支払う必要はないのでご安心ください。

そもそも離婚の慰謝料は、有責配偶者に支払義務が発生するお金です。
有責配偶者とは、夫婦関係を破綻させた責任がある人のことを意味します。

例えば、浮気をしたり暴力をふるったりして離婚の原因をつくってしまったら、その人が有責配偶者となります。
「相手に暴力をふるわれたから、家を買ったばかりだけれど離婚することを決意した」という場合は相手が有責配偶者であるため、こちらが慰謝料を支払う必要はなく、逆に相手に慰謝料を請求できるというわけです。
有責配偶者になってしまった場合は慰謝料の支払いが必要になることがありますが、有責配偶者でない場合は慰謝料の支払いは必要ありません。

 

□売却するという手段について

家の所有が単独名義の場合は片方の意思で売却できますが、共同名義の場合では夫婦2人の同意が必要となります。
また、売る時には、オーバーローン、アンダーローンによって売却方法が異なります。

オーバーローンとは、住宅ローンの残額が家の売却価格を上回っている状態です。
この場合、住宅ローンの完済は売却時にできないため、貯金などによって残っているローンを支払う必要があります。
オーバーローンの家を売る時には、住宅ローンを組んだ金融機関の同意が必要となります。

アンダーローンとは、住宅ローンの残額よりも家の売却価格が上回っている状態です。
この状態では、住宅ローンを完済できることに加え、利益も残ります。
残った利益は財産分与の対象なので、半分ずつ分けることが一般的です。

 

□まとめ

今回は、家を買ったばかりで離婚する場合は慰謝料が発生するのか、また、売却する場合について解説しました。
慰謝料は、有責配偶者の場合には支払う必要があります。
また、売却する時には家のローンの残額と家の売却金額の大小関係を理解しておきましょう。
半田市周辺で家の売却をお考えの方はぜひ当社をご検討ください。

投稿日:2021/12/13投稿者:-