日記一覧 2ページ目 | 半田市周辺の不動産をお探しなら株式会社花園不動産にお任せ下さい。

株式会社花園不動産

営業時間9:00~20:00定休日年末年始・GW・盆のみ休業

日記

DIARY

「土地売却の際の注意点について知りたい」
「高く売るためのコツについて知りたい」
半田市周辺でこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
土地売却の際には、土地に建物が残っている場合に注意が必要です。

そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

□土地売却の際の注意点について

土地売却の注意点にはさまざまなものがあります。
今回は、冒頭でも触れたように、建物が残っている場合にフォーカスして注意点を解説します。

土地に建物が残っている場合にはどのような注意が必要なのでしょうか。
それを知るためには建物を残すことのメリットとデメリットについて把握することが大切です。

まずはメリットについてです。
メリットは、解体費用がかからないことがまず挙げられます。
また、更地に比べると固定資産税や都市計画税の負担が軽く済みます。

続いてはデメリットについてです。
デメリットは、買主が解体を行う必要があるので、更地よりも検討順位が下がってしまうことにより売れにくくなってしまうことです。
また、建物が大きく劣化している場合、見栄えが良くありませんよね。
売却するうえで見栄えをよくすることは非常に重要です。

以上がメリットデメリットについてでした。
建物を残す際にはこのようなデメリットがあるということを注意点として知っていただければと思います。

 

□高く売るコツについて

ここまで、土地売却の注意点について解説しました。
理解が深まったのではないでしょうか。
そこで続いては、高く売るコツについて解説します。
ぜひこちらも併せてチェックしておきましょう。

1つ目は、土地相場をチェックすることです。
インターネットの情報サイトなどを見て、周辺の土地がどれくらいで売られているのかを把握しましょう。
この際、住所が近い土地だけでなく、同じ条件の土地を探すとより良いでしょう。
駅からの徒歩分数や最寄り駅が同程度の物件もチェックしてみましょう。

2つ目は、土地の見栄えを整えることです。
前の章でも解説したように、売却を成功させるうえで見栄えはとても重要です。
雑草が生えたり建物が劣化していたりすると見た目の印象が悪いですよね。
できるだけ片付けをしたり草を取ったりして、見栄えを整えましょう。

以上が、コツについてでした。

 

□まとめ

今回は、半田市周辺で土地売却をお考えの方に向けて、注意点について、また、高く売るコツについて解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、土地売却を行ってくださいね。
ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。

投稿日:2021/11/21   投稿者:-

「土地の売却にかかる税金と支払うタイミングについて知りたい」
「節税方法について知りたい」

半田市周辺でこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

□土地の売却にかかる税金とは

皆さんは、土地の売却にかかる税金についてご存じでしょうか。
あまりイメージが湧かない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
また、支払うタイミングについてもなかなか知る機会はないでしょう。
ぜひチェックしてみてください。

1つ目は、印紙税です。
支払うタイミングは、売買契約時です。

2つ目は、登録免許税です。
支払うタイミングは、引き渡し時です。

3つ目は、所得税・特別復興所得税です。
支払うタイミングは、売却した翌年の2月16日から3月15日が原則です。

4つ目は、住民税です。
支払うタイミングは、売却した翌年度の6月以降です。

この4つの税金が基本ですが、そのほかにも仲介手数料や銀行手数料には消費税がかかることを把握しておきましょう。

金額が大きくなる可能性があるのは所得税と住民税です。
これらは支払い時期も遅いため、売却で得た代金を早めにすべて使用してしまうと後悔に繋がります。
しっかりと残しておきましょう。

以上が、かかる税金とタイミングについてでした。

 

□節税方法について

ここまで、税金の種類と支払うタイミングについて解説しました。
理解が深まったのではないでしょうか。
そこで続いては、節税方法について解説します。
ぜひこちらも併せてチェックしておきましょう。

節税方法としては、譲渡所得で特別控除が出る場合があるため、それを利用することです。
ではどのような場合に特別控除が出るのでしょうか。

1つ目は、公共事業目的で土地を売却した場合です。
この場合には、5000万円の控除が出ます。

2つ目は、売却した土地が自己居住用財産である場合です。
この場合には3000万円の控除が出ます。
控除を受ける際、所有期間については特に問われませんが、土地と一緒に建物も売却する必要があります。

また、買主と売主が親子であるなど、特別な関係を持たないことが条件のひとつとしてあります。

以上が、節税方法についてでした。

 

□まとめ

今回は、半田市周辺で土地の売却をお考えの方に向けて、かかる税金と支払うタイミングについて、また、節税方法について解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、土地の売却を行ってくださいね。
ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。

投稿日:2021/11/17   投稿者:-

「不動産の取り壊し費用の相場について知りたい」
「取り壊してから売却するメリットやデメリットについて知りたい」

半田市周辺でこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

□取り壊し費用の相場について

皆さんは、家を取り壊すのにかかる費用の相場についてご存じでしょうか。
多くの方が、あまりイメージが湧かないのではないでしょうか。
そこでまずは、費用の相場についてご紹介します。
ぜひチェックしてみてくださいね。

1つ目は、坪単価3万円から5万円の木造の場合です。
解体費用の目安は、30坪で90万円から150万円、50坪で150万円から250万円です。

2つ目は、坪単価4万円から6万円の鉄骨造の場合です。
解体費用の目安は、30坪で120万円から180万円、50坪で200万円から300万円です。

3つ目は、坪単価6万円から8万円のRC造の場合です。
解体費用の目安は、30坪で180万円から240万円、50坪で300万円から400万円です。

以上が、費用の相場についてでした。

 

□解体して売るメリットとデメリットについて

ここまで、取り壊しにかかる費用の相場について解説しました。
理解が深まったのではないでしょうか。
そこで続いては、解体してから売ることのメリットとデメリットについて解説します。
ぜひこちらも併せてチェックしてみてくださいね。

前提として、家に価値が付かない場合を想定します。

更地にすることのメリットは、土地の買い手がつきやすくなり早期売却の可能性が高くなることです。
古家つきの土地の場合、購入後に解体する手間が発生します。

更地にすることのデメリットは、解体にかかった費用を売却金額に上乗せできるとは限らないということです。
ご自身の負担になるということを把握しておきましょう。

また、固定資産税が大きく上がることについても把握しておかなければなりません。
住宅が建つ土地には、固定資産税が最大6分の1になる優遇措置があります。
解体することで建物の課税はなくなりますが、土地への課税が増額するのです。
これも大きなデメリットの1つでしょう。

以上が、メリットデメリットについてでした。

 

□まとめ

今回は、半田市周辺にお住いの方に向けて、不動産の取り壊し費用の相場について解説しました。
また、取り壊してから売ることのメリットやデメリットについても解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、取り壊すかどうか決めてみてくださいね。

投稿日:2021/11/13   投稿者:-

「土地の売却で必要な書類について知りたい」
「売却の際の注意点について知りたい」

半田市周辺でこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

□土地の売却で必要な書類について

皆さんは、土地の売却で必要な書類についてご存じでしょうか。
あまりイメージが湧かないという方も多いのではないでしょうか。
なかなか書類について知る機会はありませんよね。

そこでまずは必要書類について解説します。
ぜひチェックしてみましょう。

まずは買主へ引き渡す書類についてです。

1つ目は、実測図です。
2つ目は、筆界確認書です。
3つ目は、越境の覚書です。

続いては登記に必要な書類についてです。

1つ目は、登記済証(権利証)または登記識別情報通知書です。
2つ目は、印鑑証明書です。
3つ目は、固定資産税評価証明書です。
4つ目は、本人確認書類です。

5つ目は、抵当権の抹消に必要な書類です。
6つ目は、住民票です。
7つ目は、資格証明書です。
これは法人の場合のみです。

最後は確定申告に必要な書類です。

1つ目は、売却した土地の謄本です。
2つ目は、売った時の売買契約書の写しです。
3つ目は、買った時の売買契約書の写しです。
4つ目は、譲渡費用が分かる領収書等です。

以上が、書類についてでした。

 

□売却の注意点について

ここまで、必要な書類について解説しました。
理解が深まったのではないでしょうか。
そこで続いては、土地売却の際の注意点について解説します。
ぜひこちらも併せてチェックしておきましょう。

1つ目は、ローンの返済が残らないようにすることです。
ローンが残っていると抵当権は解除できません。

2つ目は、相続した土地なのであれば、相続登記を忘れずに行うことです。
相続登記というのは、不動産の名義変更のことです。
相続登記を行っていないと、その土地の所有者は自分であるということを証明できず、買主からの信頼が下がってしまいます。

3つ目は、個人間での土地の売買は避けることです。
これは、トラブルを未然に防ぐためにも重要なことです。
しっかりと不動産のプロに依頼して安全な売却を行いましょう。

以上が、売却の注意点についてでした。

 

□まとめ

今回は、半田市周辺で土地の売却をお考えの方に向けて、必要な書類について、また、売却の注意点についてご紹介しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、スムーズに土地売却を行ってくださいね。
ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。

投稿日:2021/11/09   投稿者:-

「不動産買取をしてほしい」「不動産買取について知りたい」
半田市にお住まいでこのようにお悩みの方必見です。
今回は、不動産買取の流れと不動産買取の会社選びについて紹介します。

 

□不動産買取の流れとは

不動産買取は大きく分けて4つの工程に分かれています。

1つ目は、情報収集です。
自分自身で物件についてよく知る必要があります。

また、物件だけでなく、周囲の環境や駅までの距離について知ることも大切な情報源になります。

2つ目は、査定依頼です。
不動産買取を行ってくれる会社に査定を依頼し、不動産の価値を具体的な金額で提示してもらいます。

この工程は、非常に重要なので、疑問点や気になる点があれば専門の方に相談しましょう。

3つ目は、取引を行う会社を選びます。
会社が決まれば、査定金額をもとにして交渉を行います。

取引内容や金額に両者の合意が得られれば契約を結び、決算します。

4つ目は、確定申告です。
取引が終わると、不動産買取は終わりだと思う方もいらっしゃいますが、最後に確定申告を行うことを忘れないようにしましょう。

忘れやすい工程の1つなので、事前に確定申告について調べることも大切です。

以上のような4つの工程がありますが、不動産を売却するために必要な工程です。
1つ1つの工程について事前によく調べておくことで、スムーズな取引が行えます。

不動産買取の流れについて、疑問点や気になる点がある方は相談するようにしましょう。

 

□不動産会社選びのポイントとは

不動産会社は多くの種類があるので、自分に合った会社を選ぶことが非常に重要です。
選ぶ際のポイントについていくつかあるので紹介します。

1つ目は、話を親身になって聞いてくれるかです。
不動産売却をする方には、様々な理由があって売却される方がいらっしゃいます。

そのため、機械的に値段を決めることは出来ません。
1つ1つの物件や、お客様のご要望を聞いてくれる不動産会社を選ぶことで、適切な売却金額を提示してくれます。

また、売却に関する質問や相談のある場合も親身になって聞いてくれる不動産を選びましょう。

2つ目は、どのような買取実績があるかです。
不動産会社によって、戸建てが専門やマンション専門など特徴が異なります。

少しでも高い売却金額を提示してもらうために、買取実績をみて自分の建物や要望に合っているか確認することが非常に大切です。

3つ目は、不動産がある地域に詳しいかです。
買取実績が良く、話を親身になって聞いてくれる会社でも、売りたい建物がある地域について詳しくない場合は、適切な査定ができません。

地域に詳しいということは、どのような物件が売れているか、どのような物件が求められているかなどの多くの情報を持っているので、スムーズに査定金額を提示してくれます。

 

□まとめ

今回は、不動産買取の流れと会社選びについて紹介しました。
不動産会社にはいくつかの特徴があるので、自分に合った会社を選ぶことが非常に大切です。
不動産買取に関するお悩みや質問のある方はお気軽にお問い合わせください。

投稿日:2021/11/06   投稿者:-